フォト
無料ブログはココログ

2020年5月 7日 (木)

GWの過ごし方

コロナウイルス過にて前代未聞な外出自粛のGW。

我社もGWは県外移動は申請の事とのお達しが天から降りた。

一応管理職であり身勝手な行動は出来ません。

泣く泣くゴギの里への遠征は諦め、百姓と日頃おろそかにしている我が家のメンテナンスに精を出しました。

途中シ-バス狙いで一瞬海に、結果は言うまでもなし。

Kimg0187

これでは寂しいので最後に家族とチワックスの「まめ太」とBBQ、ウ~ム微妙なGWでした。

Kimg0190

2020年4月20日 (月)

年甲斐もなく-2

我が愛車、先月車検を期に年甲斐もなく20mmアップのコイルスプリング&減衰力調整付のショックアブソ-バ-を入れた。

そうするとやっぱり欲しくなりました。

Kimg0178

ノ-マルより直径で35mm大きくなった見た目もグッドな一品。

心配したフレ-ムへの干渉も無く、走行音も振動もほとんど気にならず。

ただタイヤの大径化(ノーマル比5%)、加速が若干マイルドになり坂道で若干元気が失われたような。

まあ総合点で判断するに合格!

 

2020年4月15日 (水)

忙しくなってきました

新型コロナ過の中、植物は順調に育っております。

不用不急の外出を抑えるような要請の中、今年は花見も話題にならず、桜もひっそりと咲いております。

そして我が家の桃、桜に負けじと満開であります。

Kimg0169

今年は咲いてから気温が下がったた為花の開花時期が長いです。

Kimg0170

そうしていると今年は暖冬のせいでもうビワの袋掛けの時期に。

Kimg0173

一房に3個を目安に、小さい物や傷をまびき袋掛け。

700袋掛けたけどまだまだです。

疲れたぁ~!

Kimg0174

 

2020年3月30日 (月)

思わぬ事に

新型コロナウイルスの影響で工場の出荷数がジワジワ落ちてくる。

3月の花見シ-ズン突入でGWまで超忙しい日々が始まるはずであったが、

残業も皆無、娘たちより早く帰宅できるようになり、お父さん大丈夫?仕事干されたの?

と言われる始末。

と言う事で金曜日の夜考えた事は。

明日は雨模様、百姓は出来ぬ。

渓流は人に会う事も無く3密とは無縁。

朝3時起床、ウエ-ダ-とベスト、ロッドを車に乗せ北に向かって出発。

6時河口近くに到着、まずは駄目元でサクラマス狙い。

P3284770

P3284771

P3284772

予想していた通り、何の変化も起きず。

9時半撤退。

そして移動、とある渓に到着。

ラウンド2開始。

P3284774

序盤は全くミノ-を追う魚影が確認できなかった。

既に抜かれた後か?

一度脱渓して少し上流でキャスト再開。

何か黒い影が走る。

何度もミノ-を追うがフッキングできず。

そして次のポイントで複数の影が追うがフッキング出来ない。

4度目のキャストでヒット、抜き上げるとヤマメが暴れている。

しかし手元でフックが外れ逃走。

その後魚影なし。

次、第3ラウンドで本格的に雨が降り出した。

ここは実績ある渓だがこの区間はボサが酷くて入れなかった。

今はまだ冬の渓相、入り易い。

入渓直後、大きな黒い影がミノ-を追ったがフッキングせず。

その後はなかなか美味しいポイントが続き、

Kimg0152

Kimg0151

Kimg0154

Kimg0158

P3284775

P3284780

サイズは大きくはないが元気にミノ-を追ってくれた。

渓相は険しくなり吐く息が白くなってきた、非常に寒い。

Kimg0164

時刻は16時半、撤収!

今日は不要不急の外出自粛要請中、理屈をこねて渓に入ったが、釣果はボチボチ。

19時30分無事帰還、疲れたなぁ~!

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2020年3月22日 (日)

年甲斐もなく

年甲斐もなく愛車をちょい上げしてしまいました。

Kimg0134

Kimg0128

赤いコイルで2㎝アップと減衰力調整式ショック。

突き上げ感が減り乗り心地もある程度改善、

何よりもカ-ブがこんなに曲がりやすい車だったっけ。

 

 

2020年3月11日 (水)

サクラ鱒チャレンジ失敗

3/7(土)今年の私的淡水が開幕しました。

前夜から車中泊で備え、道の駅を5時出発したものの、途中で道を間違えてウロウロ。

結局日が完全に昇ってからのスタ-トとなりました。

数えると多分4年振りとなるサクラ鱒釣行、入渓地点より見える範囲にアングラ-1名。

まずはスプ-ンをアップにキャストして様子見、プルプルと抵抗は感じるものの何の生命反応も無し。

種類を変え、ミノ-に変え試行錯誤したものの、

ここも

P3074764_20200311185701

ここも

Kimg0115_20200311185801

ここも

P3074765_20200311185801

全く反応なし。

根掛かりと高切れでスプ-ン3枚殉職。

10時30分、止め~!

最初っから期待はしていなかったががやはり・・・・・・。

それでは渓魚の顔を拝んで帰る事に。

車を走らせて実績ある渓に直行、最初は何の反応もなし。

途中に新しい足跡があり、既に誰かが入渓した模様。

遡行して行くと定番ポイントでミノ-を追う魚影、派手にミノ-を躍らせるとヒット。

Kimg0119_20200311190701

今年の1号はヤマメ様。

優しくリリ-スして次のポイントへ。

しかし核心部には長い竿を手にした餌師が立っておりました。

撤退!

それでは岩魚の顔を拝もうと再び実績ある渓に。

Kimg0120

入渓直後に小岩魚がヒットしたもののバラシ、その後は定番ポイントに到達したが全く反応なし。

更に遡行すると、

P3074768_20200311191801

僅かに残雪、今年は暖冬で記録的暖かさ、でもある所にはあるもんです。

残り少なくなったポイントで必ず反応のあるポイントへ到達。

ミノ-をキャストすると追う魚影。

再度ポイントにミノ-を送り込みトゥイッチするとルア-を追う。

そしてミノ-に喰らいつき反転、ここぞとロッドを煽ると心地良いバイブレ-ションが伝わる。

がしかし長くは続かなかった。

フッとテンションが無くなり無情のフックアウト。

本日これにて撤収!

開幕はウォ-ミングアップと言う事で。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年2月25日 (火)

わざわざ雨の日を狙ったが、やっぱり厳しかった

2/22からは我社も3連休、わざわざ雨模様の土曜日を狙って出発した。

どうせ雨だからとゆっくり出発して現地には8時半着。

チケットを購入すると、今日は人が少ないので何処でもどうぞとのお言葉。

狙い通り人が少なくロ-プレッシャ-とニンマリ。

まずは堰堤に陣取りスプ-ンをキャスト、今日は一人でありマイペ-スで集中しよう。

P2224755

しかし、いくらキャストしても何の反応もない。

色を変え、サイズを変え、ミノ-にと手を尽くすが全く当たりを感じない。

周りも両端以外は同じような雰囲気が。

ついに痺れを切らして向かいのシャロ-エリアに移動。

スプ-ンを投げ倒すがやはり反応がない。

やがて昼が近づきヤバい予感が漂う。

一度車に帰り、おにぎりをほおばりながら再度キャスト開始。

1.8gスプ-ンをデジ巻していると待望の当たりが、

P2224756

やっと坊主逃れの1尾がヒット。

そしてしばらくし2尾目。

P2224758

その後1バラシして再び沈黙。

雨も上がり目の前ではウェ-ディングしたフライマンがポンポンとテンポよくヒットさせている。

やはりフライは強し、まあ私が下手なのは言うまでもないが。

P2224759

その後は風が強まりキャストのやり難い事、そして心が折れそうに何も起きません。

P2224762

大きいのもブラッドリ-君も諦めて(モチベ-ションが続かなかった)

漫然とキャストしていると、お情けか、

P2224760

ポツリ

P2224761

ポツリと小物がヒット。

そして日は低くなり蛍の光が始まった。

P2224763

今日は人も少なかったが釣果も少なかった。(私だけか?)

せっかく作ったスモ-カ-で燻製をしようと頑張ったが、もう今年の管釣りは止めた!

来月からは渓流解禁、癒してもらおう。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2020年2月 4日 (火)

NEWスモ-カ-が完成しました

  昨年段ボ-ル箱で作ったスモ-カ-で鱒を燻製していたところ、あらぬ事か火が出て燃え上がり丸燃えとなってしまった。

薄々危ないと思っていたが、びっくりしましたね。

そんな事で今年は絶対に燃えないスモ-カ-を作ろうと昨年末から材料を揃え、正月休みからコツコツと制作を始めていた。

まずは燃えない為にスチ-ル製の棚を購入、何で囲うか考えた結果低価格と加工のし易さより石膏ボ-ドに落ち着きました。

まずは底と天板だけで棚を組立、底はサンダ-で練炭コンロが収まる大きさに抜きました。

Kimg0069

そして背面より石膏ボ-ドをドリルで穴を開け、4㎜の皿ネジで固定して行く。

Kimg0073

側面も大きさに石膏ボ-ドを切ってネジで止めて行く。

天板は10cm径に抜いてスト-ブ用煙突のジョイント部分を埋め込み煙突に。

Kimg0076

天板下面はU字ボルトをネジ止めして木製丸棒を固定。

S字フックを掛けて吊るすスペ-スに。

中間の枠にはバ-ベキュ-用網を仕込んで吊るしタイプでない燻製スペ-スに。

Kimg0078

前面も石膏ボ-ドをネジ止めし、上半分は両面開きの開き戸に。

仕上げとして内側から隙間に耐熱性のあるコ-キング材を流し込み、密閉性を更に上げる。

細かい手直しをしてやっと2/2に完成となりました。

新たに熱源として600Wの電気コンロも追加。

Kimg0079_20200204122301

高さ約2m、幅0.9M、奥行き約0.45M

製作費約12,000円

なかなか立派なスモ-カ-となりました。

後は使ってみてどうなるか、少し大き過ぎた感も。

温燻でも熱源不足かも?

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2020年1月 5日 (日)

2020年始動、お年玉はお預け

年末は毎度のごとく超忙しい日々を過ごし、ロッドも2か月以上振っていません。

2020年がのどかに明け、1月3日例年のごとく会社のN君と釣り始めに行って来ました。

今年はブラウンとドリ-バ-テンの2世が西日本で唯一入ったとの事でFLTに決まり。

初物はマッチョブラッドリ-で会心の幕開けと念じて。

釣果画像を見る限り、70クラスもいる様です。

P1034749

ポイントに入り4gのスプ-ンを沖に向かってフルキャストしてスロ-リトリ-ブ、さあ来い・・・・・・・。

何も起こらず1時間以上経過。

魚は入っているの?

周りもほとんど上がっていない感じですが。

色を変え、ウエイトを変え、ミノ-にマイクロバイブとあらゆる手を尽くすが全く反応なし。

再びそことろを超デッドスロ-でベタ底を引いていると初めての当たり。

ここぞと合わせると本日のファ-ストヒット。

Kimg0059

しかしねぇ、30位の小ニジでした。

その後も手を変え品を変え、粘り続けてポツポツ。

Kimg0060

 

P1034747

ブラッドリ-いませんか?

そして昼食を挟んで午後の部。

更に厳しさが増した様に感じたが、向こうの堰堤の方ではデカいとかおめでとうございますとか、聞こえて来るが。

どうやら我々の入っていたポイントは外れ?

粘ってみたものの、17時前の蛍の光が流れてタイムアップ。

結局2人合わせて小ニジが10匹、劇シブ(腕が悪いのは置いといて)にて終了。

P1034748

残念な釣果でございました。

帰りに釣果画像を確認すると、やっぱり釣れてます大型ブラッドリ-、堰堤で。

次回のリベンジを誓い撤収。

2019年10月28日 (月)

朝の河口(雨後)

久し振りに雨らしい雨が降り、河口は好条件と推測して朝6時出発。

現着すると先行者3名。

中央水門が開いており余り条件は良くない?

しばらく辛抱すると中央が閉じいつもの水門が開いた。

チャンス!

良く見ると流されて出てきた小鮒が群れで泳いだり、弱って浮いたりとベイトが一杯。

しかしヒットするのは奴ばかり。

Kimg0042

本当に良く太りヒットすると暴走機関車、腕がだるい。

水門の流れにはコノシロの群れも入りピチャピチャと跳ね回っているが本命が来ない。

Kimg0044

それでも辛抱にキャストしてガツッと当たりジャンプ一発、遠目ではっきりしないが多分本命、

が、寄せる途中にフックアウト。

Oh~!

隣のアングラ-も2度ほど掛かったようだが全てバラシ。

撤収!

以上昨日の朝の出来事でした。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

«何時もの場所で少しだけやってみました