フォト
無料ブログはココログ

2019年7月14日 (日)

朝の河口

昨夜から梅雨末期の雨模様。

潮位も朝まずめ以降はバッチリ、きっと水門は開くだろうと信じて、

現地に4時半到着。

小雨の中、常連のアングラ-さん1名のみとガラガラ状態、どうした事か?

Ca3e0506

常連さん隣でポンポンとヒット、やっぱり水門が開いて水が流れていないとね。

満潮の9時前まで一心不乱にキャスティング。

Ca3e0504

しかしねぇ~、この3倍位はバラシてしまった。(大きいのは隣のヒット作ですが)

最後にヒット、合わせた直後にエラ洗いがあり何故かラインブレイク。

終了!

番外編、

Ca3e0505

近くに夜のアングラ-が掛けたと思われる大物の放置プレイ。

幅は優に1m超え、どうやって引き上げたのか、ある意味大したもんです。

 

 

 

 

2019年6月28日 (金)

引退

我が通勤専用車のムーブ、今日まで車検期限がありもう一回車検を受けるかどうか試案していた。

平成14年、妻用に新車で購入、その後長女次女そして私に巡ってきたこの車。

Ca3e0500

P6254737a

走行距離も240,000kmオ-バ-、行きつけの車屋には絶対にエンジンのバルブが壊れるから

廃車にせよと言われていたが。

最近は圧縮比が下がってきたせいか、18km/ℓ走っていた燃費が14km/ℓを割り込む事しばしば。

これじゃジムニ-と変わらない。

そんな矢先、通勤しようと車まで行くと、右前輪がペッタンコ。

止めた!

と言う事で本日にて引退勧告、廃車処理となりました。

長い間ご苦労様でした。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2019年6月17日 (月)

大漁じゃ!

金曜日の仕事を精一杯早く終わらせ脱兎のごとく帰宅、準備をして西に向かって走った。

明日はとある方にお誘いを受け、久し振りの船釣り。

だが雨男の悲しさか、明日は警報が出るレベルの大雨予想、どうなる事やら。

翌朝4時過ぎ、車中で目覚めると強風に雨模様、こりゃ駄目だ!

とりあえず集合場所に出向くと、何と船は出るとの事、後は我々総勢7名の根性次第と。

行くしかありません、5時30分出港。

P6154727

30分以上走った所で船からロ-プを数百m海中に放出、出きった所で網の放出、そして再びロ-プを放出と何が何だか・・・・・・?

そして今度はウインチでロ-プを巻き取りしばらく走り、全員船尾に集合と船長の声。

船尾には網が長々と連なっており、自分たちで網を引き揚げろと。

P6154723

核心の袋状の網を皆で引きずり上げると、

P6154721

赤いの、黒いの長いの色々の魚がピチピチ。

これが今日の皆のお土産との事。(嬉)

数回網を流し、さあ移動して釣りを始めましょう!

船長の合図とともに30gの天秤仕掛けに小エビを付けて投入、着底を確認して僅かに底を切り誘いをかける。

ベイトロッドの穂先がククッと曲がった所で鬼合わせ、心地良い重量感に大口を開けた赤メバル。

P6154729

ここのはほとんどが25㎝クラスの良型、当たりが出ればほぼゲット。

前回の坊主の悪夢はどこえやら、快調に釣り続けて超余裕。

やがて雨足が激しくなり雷鳴轟く海上でど根性フィッシング。

そして周囲が川のごとく流れ始め船も猛烈な勢いで流される。

ストップフィッシング。

港に帰り船倉からタモ網でお魚を引き揚げて手早く生き締め。

P6154730

P6154732

大漁ですね。

昼食後予約していたコテ-ジに移動して、本日の戦利品を下ごしらえ。

刺身にバ-ベキュ-にとお好みにまかせ大宴会の開催です。

22時意識不明となり爆睡。

P6164735

翌朝4時15分、我が家の百姓があるため皆より一足先に帰路に着く。

いやぁ~大満足の一時でありました。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2019年5月 9日 (木)

令和3日目は撃沈

3日目、今日は駄目元で行った事のない新規渓に。

ここは岩魚が居るらしい。

ナビ上に出る道を睨みながら川沿いに登って行くと、何とか目的地付近に到着した模様。

準備して入渓して見ると思ったより小規模でボサの激しい所もチラホラ。

本当に居るのか?

少しづつ遡行しながらポイントにルア-を通すと黒い影が走る。

しかし何分にもポイントが少ないし魚影が小さい。

辛抱にキャストして攻めてみたものの、この渓ボ!

P5044715

こうなったら何がなんでも坊主逃れにと、確実に居ると思われる渓に走る。

到着してみると、渓の中に間伐材の枝が散乱しており嫌な感じ。

こりゃ駄目かも。

少し遡行すると何だか足跡があるような、先行者?

それでもここはと云うポイントでガツンとミノ-にヒット、ロッドが曲がる。

これで坊主は逃れた。

写真を撮ろうと用意していたら突然大暴れ、慌てて手で止めようとしたものの隙間をスルリとかわしバシャバシャバシャ。

渓にお帰りになってしまった。

あぁ~・・・・!

これで運は尽き、結局この渓坊主。

更に3本目の渓にも出向いたが全く相手にされず。

結局お魚の画像は無し。

何もアップするものが無いので渓の花でも。

P5024692

P5034711

ウ~ム、令和の釣り始めは3泊3日の長丁場ではあったが、釣果は寂しい限り。

下界に近づくほどその思いが湧き出て来る。(泣)

P5044718

しかし日頃のストレスから解き放たれて、3日間好き放題、

私にとってはプレミアムな3日間となりました。

心身ともリフレッシュ!

P5044719

この田に稲が植えられて育つ頃、また来てみよう。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

令和2号

昨夜は温泉にて入念に筋肉をほぐし、車中小宴会にて爆睡。

翌朝目覚めも快調で体調良好、車で大きく移動して流域を変えた。

今日こそは岩魚をと実績ある渓を選択して入渓。

しかしこれまた絶不調。全く魚の追いが見られない。

次第にいやな予感が脳裏を霞めるようになる。

半場諦めた所で出くわしたプ-ルに何となくミノ-からスプ-ンにチェンジしてキャスト。

するとキャスト直後にロッドに生命感が伝わった。

慎重に、慎重に寄せて抜き上げると

P5034704 

祝 令和2号!

今度こそ岩魚君でありました。

P5034701

坊主を逃れて気が楽になった所で更に上流を目指す。

しばらく遡行しながらキャストすると、再び岩魚。

令和の3匹目。

P5034706

しかしその後は反応無く、登り詰めた所で脱渓。

続いて2本目に。

ここは全く魚影が無く小一時間で脱渓。

そして大きく流域を変えて3本目に。

ここは本当に久し振り。

P5034712

ここは山女が居るはずだが。

渓は大きくポイントは多い、わくわくしながら遡行を始める。

ルア-への追いは確認出来るが今一やる気が薄いような。

そしてとあるポイントでミノ-にガツンとヒット。

激しく暴れる魚体をいなして抜き上げ、手元まで来た時に無情にもポチャン!

あぁ~!!!!

やってしまった。

確実に令和3号に認定される山女だったのに。

その後も上に上にと遡行を続けたが、結局ヒットせず。

そして昔見た風景が現れた。

P5034713a

思えば遠くに来たもんだ。

本日撤収!

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2019年5月 8日 (水)

令和1号

今年は9連休中に改元を迎える。

我社始まって以来の超大型連休、連休死守の為働きましたよ。

そして満を持して5/1の夜北に向けて出発、道の駅で車中泊し、翌早朝より目的の渓にてキャスト開始。

 P5024693

しかし反応ありません。

昨年の大雨でポイントが埋まった所もあるし、お魚は何処に。

結局2匹の魚影を確認したのみでこの渓終了。

続いて2本目の渓に。

ここはルア-への反応がありますがヒットまで持ち込めず。

たまにヒットするも途中でフックアウトの連続。

P5024694

4匹バラして最後の最後にやっと。

小振りですが祝 令和1号!

新しい年は美しいアマゴからのスタ-トとなりました。

P5024699

本日これにて終了!

明日に期待しよう。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2019年4月22日 (月)

今季初出動

今シ-ズン初めてロッドを握って土曜日の深夜、ポイントを巡ったが、

ボラと思われるスレ当たりの散発のみで坊主決定。

近いうちに再チャレンジじゃ。

P4204698

P4214699

2019年2月12日 (火)

開始の一撃は良かったが

連休はN君と打ち合わせて今年2回目の管釣りに出発。

いつものFRSはこのところ渋くて渋くて、下手っぴな私にはストレス溜まる。

事前情報で大きいのも出ているとの事で、久し振りにFLTへ。

7:50分現地着、雪が降ったり霙が降ったりと天気予報通り、そこそこのアングラ-が並んでます。

入場券を購入すると何とシルバ-料金の設定が、心の中で少なからず抵抗があったが、シルバ-1年生で迷わずエントリ-。

堰堤を避けて岸寄りポイントに陣取った。

P2094684a_2

まずは2.5gスプ-ンでキャスト開始。

しばらくキャストを続けても当たりは感じられない。

それではとパタ-ンを変えて、4.gのオレンジと黄色のド派手なスプ-ンで大遠投、

着水後ワン・ツ-・スリ-と沈めてリ-ルをグリグリ、程なくコンとした当たりがあった。

条件反射のごとくロッドを合わせるとロッドが大きくひん曲がりドラグがギィ~・・・・。

Oh~!

ロッドに伝わるトルク感、これはレギュラ-サイズではないと直観、寄せてはドラグを出され、寄せては走られ、N君にタモ助をお願いして何とかネットイン。

そのまま受付に直行して検量、60アップのおデブちゃん。

P2094680a

会心の一撃でのスタ-トとなりました。

気を良くして再度沖に大遠投、同じパタ-ンでグリグリすると再びコツン、ギィ~・・・・・。

乗った!

気持良く大きく曲がったロッドでいなしているとフッとテンションが無くなった。

やってしまったようですね。

朝一だし当たりは出るし、気にする事なくキャストを続けると、何か違和感を感じロッドを煽ると何か変、やってしまった根掛かりです。

スプ-ンを外すために四苦八苦したものの結局当たりスプ-ンのロスト。

これが流れを変えたのか、スプ-ンをチェンジした後はチビ鱒を3匹ほど掛けたが、
P2094681a
P2094683a
当たりは次第に遠のき気が付けばもはや激渋状態。

いつもと同じかぁ~!!!!

その後ポイント移動

P2094685a

昼食を挟んでキャストを続けたが、全く相手にされず。

終了間際に本当に久しぶりにチビ鱒がヒットしたものの、後が続かずThe End。

終わってみれば昨日放流した鱒達が反応し、スレた鱒たちには全く通用しなかったと言う事ですかね。

悲しい現実、今後も修行あるのみ。

a href="http://fishing.blogmura.com/lure/">にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2019年1月14日 (月)

梅が咲いてます

梅が咲いてます
梅が咲いてます
この三連休はミカンのマシン油予防を目論んだが、動力噴霧機のポンプ故障でキャンセル。
急遽梅の剪定作業に変更。
畑に行くと、枝がピュンピュン伸びてますね。
剪定バサミとノコを使って丁寧に手入れ。
すると日当たりの良い枝に梅の花が、おいおい少し早すぎないか?

2019年1月 6日 (日)

2019年始動

怒涛のような12月が終わり新年を迎えた。

穏やかな年明けとなり、いつものように氏神様にお参りし、今年の願い事をお願いした。

内容は秘密。

そして2日、会社の同僚のN君と毎年のように北の管理釣り場に出発。

ほぼ1年振りの釣行、楽しみであります。

暗いうちに出発し、現着7時過ぎ、小雪がチラつき気温はマイナス3℃。

しかし風は無く良いコンディションなのではないだろうか?

P1024675

逸る気持ちを抑えつつ、スプ-ンをキャスト&リトリ-ブ。

反応なし、まこんなもんでしょう。

しばらくキャストを続けると待望の当たり、合わせを入れて寄せる途中にフックアウト。

残念。

更に続けると再びヒット、水面に浮かした所でヘッドシェイク数回にてフックアウト。

アハハ。

その後は何をどうしても反応なし。

しびれを切らせてポイント移動、そして底トロをスロ-に引っ張り中に久々の反応。

ロッドを煽った瞬間にフックアウト。

痛い・・・・・。

その後は全く反応なく昼食タイム。

昼食後、更にポイント移動し、気合を入れなおしてキャスト開始。

しかし1時間以上キャストしても全く反応がない。

周りも釣れていないがと自分に言い聞かせるが悪い予感が脳裏を霞める。

プレッシャ-がどんどん大きくなる中待望の反応が。

ロッドを煽るとロッドが曲がり魚体が暴れる。

慎重にいなしながら寄せると、

P1024676


今年の初物はアルビノ!!!

直ぐに事務所に駆け込みナンバー90番ゲット。

幸運のナンバ-になってくれよ。

その後バタバタと

P1024677
P1024678

2尾ヒットしたもののタイムオーバ-。

スタッフも今日は厳しいと言っていたが、今までで一番反応が薄かったような。

とりあえずN君と合わせて7尾。

厳しい初釣りとなりました。

後日、7尾を捌き燻製にしていたところ、ダンボ-ル箱で作った燻製器が火災に、

慌てて消火したものの鱒達は火傷状態にて失敗、仕方なく焼いて食べる事に。

ダンボ-ル箱での燻製作業は気を付けましょう。

以上お正月休みの出来事でした。

«年の終わりに