フォト
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月24日 (月)

ダブルヘッダー

朝2時にいつものポイントに立つ。

Pa223392

海は濁りが入り水門から水が勢い良く流れ出て良い流れを作っている。良い感じだ。

先行者はA氏を含めて3名。状況を聞くとシーバスは居るがルアーに全く反応が無いと云う。話をしている最中にも沖で『バゴォ』、『バシュ~』とシーバスの捕食音が闇間に響く。

オイオイ!俄然やる気がみなぎって定番ルアーをキャスト開始。30分程キャストしてみたものの何の反応も無し。空からは小雨が容赦なく降ってくる。そのうちにA氏はお先にと撤収、広くなったポイントで一人黙々とキャスティング。しかし本当に何の当たりも感じられない。潮位が高くなりバイブレーションを水流の中に放り込んでリトリーブ数投目、ガツンと当たりがありロッドが曲がり沖でバシャと短い音。ヒット、ロッドを煽ると何にか変、重~い引きをいなしながら足元に寄せるとやっぱりあの魚、トホホです。そして日の出を迎えてギブアップ、撤収です。

Pa233394_2

家に帰り銀杏の収穫に出荷、そして家の用事を済ませて仮眠。

夕まずめ前、そろそろと思われる太刀魚の調査釣行に我が家の近くの港に出撃。

一年振りに定番ミノーを穏やかな海に向かってキャスト開始。ダブルヘッダー第二試合の始まりです。しかしルアーは何の変化も無く手元に帰って来るのみ。厳しそう!

やがて辺りが薄暗くなり始めた頃、餌師やルアーマンがポロポロと現れて並び始める。これから時合が訪れるのか?

Pa233396

そして真っ暗になった海面ではあちこちで『バシャ』『バシャバシャ』と小魚のボイルが始まる。いよいよその時か?しかし相変わらずルアーには何の反応も無し。周りの釣り人も何も反応が無い感じ、よしよし(笑)。

結局反応が無いまま我が家の夕食タイムが迫りタイムアップで撤収。

今回もこのミノーの活躍は見送られた。本当にこれで釣れるんですかね?

Pa233401

深夜から始まったダブルヘッダーはボラ一匹のみと云う極貧釣果で終了、へなちょこルアーマン、何時になったら神様が微笑むか、まさかこのままシーズン終了?

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2011年10月16日 (日)

どうも思うように

土曜日の夜仕事が終わり帰宅、夕食をとって出撃準備。22時半家を出た。天気は今一つはっきりせず曇り、そして気温は20℃を超えておりやや蒸し暑い。現地到着23時、突然雨が降り出し風も出てきた。おまけに雷までも。満潮でもありひとまず車内で一人宴会をして仮眠。

2時起床。車は4台程停車しているが誰もキャストしていない。おそらく皆車内で仮眠中のようです。一人準備をしていつもの場所に入りキャスト開始。

Pa163389

今日は水門が中央しか開いておらず・・・・・・。1時間キャストしても何の当たりも無し。

一人のルアーマンが起きだしてキャスト開始。ウ~ム厳しそうだ。

30分程して隣のルアーマンのロッドが曲がっている。そして沖で魚が水面から飛び出して暴れている。シーバスみたい、羨ましい!しかしタモ網でのランディングに失敗してフックアウト。惜しかったなぁ。

その後潮位がグッと下がるとともにボラらしき当たりが頻発するがフッキングせず。そしてフッキングしたお魚は、

Pa163390

14cmミノーと等身大のサヨリ、笑ってしまいました。

この後は根掛かりとラインブレイクでルアー3個も海に奉納、心がズキズキ痛みます。

このラインブレイクで止めた!撤収。

日の出前に家に帰り睡眠。お昼に起きて昼食後我が家の副収入の作業開始。

まずは今年大豊作の銀杏の収穫。

Ca3e0409_2 Ca3e0407_2

Ca3e0411

今年は恐ろしいほどの豊作、全部で100kgオーバー、これを腐らして銀杏を作るのも大変です。

次に取頃になった大西条柿。ヘタにT字の枝を付けて取り込み。

Ca3e0414

Ca3e0416

Ca3e0417

これをこの夏オープンした道の駅にて販売予定。

今日の生産の一部でロストルアーの補充が認められるか?(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2011年10月10日 (月)

長かったぁ~!

北海道に出張する2日前、A氏よりシーバスの釣果が上向いてきたとメールが入っていた。

出張が終わり連休に入ったが種々の事情で時間が取りにくかったが今朝、やっとそのチャンスが訪れた。

3時に起床していつものポイントに向かう。

Pa103379

現地に到着すると1名のアングラーがキャスト中。

私もルアーをスイベルに結んでキャスト開始。潮は上げ始めで穏やかな海面にボラのライズリングがあちこちに出ている。

1時間程キャストしてみたものの、極たまにボラの当たりしか感じられない。

5時を過ぎると辺りが僅かに見えるようになってきた。夜明けが近い。

そして自分の目でぼんやりと周りの風景が確認出来る明るさになった頃、ルアーをミノーからバイブレーションに替え水門からの水流の奥にフルキャストして根掛かり回避の為に高速リトリーブ。

そして数投目、突然ガツ~ンとロッドに衝撃が起きロッドが伸されると同時にリールのドラグがジィ~と鳴る。慌ててロッドを起こすと強烈に暴れる魚信が消えた。乗せられなかった。続いてキャストを繰り返すと数投目に又してもガッガッと当たりがあったが乗らなかった。その後も2回ガッとバイトがあったが結局反応が無くなった。

すっかり夜が明けこれで今日も終了かと思いながらバイブレーションの種類とカラーを変更して流の向こう側にフルキャスト、そして高速リトリーブしているとガツンとロッドに衝撃が起き手首が返されドラグが短く鳴る。今度こそ、ロッドを立てると流芯で魚影がジャンプ。

シーバス間違いなし。リーリングすると暴れるがそれ程のパワーは感じられない。ロッドでいなし足元まで寄せてショックリーダーを持って引き抜いた。

Pa103380

今年初、そしてニューロッドに替えてから6ケ月目にして初めて本命が入魂出来ました。

サイズは60㎝には及ばないセイゴクラスではあったが、昨年の釣果より正直今年これほどまでに苦労するとは思わず、本当に嬉しい1尾となった。

その後完全に日が昇り全く反応がなくなった。Pa103384

朝日が当たる堰堤を見ながら7時に撤収。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2011年10月 9日 (日)

天気晴朗なれど

本日は研修生制度で我社に来ている中国人研修生から『釣りに行きたい』とのリクエストがあったらしく、北海道出張から帰った翌日に連絡があり出動を要請された。我社の研修生は一期生5人二期生5人の計10人全て女性、そして私を含めた関係管理職を合わせると合計14人と大所帯。

結局会社のミニバンと私のデリカを加えないと乗り切れないと云う構図。それでも釣りであらばと6時に家を出て一路会社に向かう。

会社で釣り道具と食糧を乗せ2台の車に分乗して7時過ぎに出発して瀬戸大橋で目的地に向かう。

Pa093365

本日の天気は快晴で気温高し、目的の堤防には既に多くの釣り人が刺さっている。

皆さん期待ワクワクで笑顔が漏れる。

Pa093366

仕掛けを作り彼女達に渡して釣行開始、潮は下げ始め。さびき仕掛けと探り仕掛け、餌はオキアミに青ムシとまき餌のアミエビ、何か釣れるだろう。

Pa093367

その横で私はシーバスロッドにジグを付けてショアジギングを始める。しかし1時間位頑張ったが当たりなし。そして研修生や引率の管理者の皆さんにも一切当たりがないという。

その他大勢の釣り人の様子を覗き見るも釣れている様子が全くない。その内研修生達は痺れを切らせて竿を置いて周りの風景をバックにポーズをとって写真撮影大会。

私はこれを機に橋の下の流のある場所にポイント移動。

Pa093368

しかしまるで川の増水時の激流のごとき流れ。ジグやバイブレーションをダウンに流すとリーリングしなくても底にフォーリングしない。アップにキャストして高速でリトリーブを繰り返した一時間弱、全く当たりなし。疲れた、そして暑い。

沖の離れ岩には釣り人が一人見えるがその周りは激流が走っている。根性いりますね。

Pa093369

ギブアップ。研修生達の居る所に戻り様子を見ると小さな魚が見えるようになっていたが、ほとんど仕掛けには反応しないと言う。

それでも辛抱に釣っている物にはこんな奴が。

Pa093372

その後も全員で小物2匹を上げたのみで12時前に撤収。

天気が良くて日焼けで顔も腕もま赤っか、皆様お疲れ様でした。またリベンジでも。

最後に本日の収穫。

Pa093378

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2011年10月 7日 (金)

2本目の渓(アメマスの上る川)

BOB氏と早目の昼食タイムに入り2本目何処に行こうかと相談になる。

BOB氏は今の時期そして今日の状況であれば、正直ここはお勧めと云う渓が無いと困り顔。

色々思案した末、岩魚位はいくらか釣れるでしょうと云う事で移動時間が少なくて良い近くの渓に入る事になった。林道ゲート前に車を止め、熊の足跡が残る林道を歩いてポイントに向かう。最初の砂防堤を越えた所で入渓開始。早速入った所のプールにミノーをキャスト。

数投目にガガッとした当たりがあり水中でユラ~とする魚影。ウ~ン尺アップあったのに。

BOB氏の方に目をやると砂防堤の上から下のプールに向かってミノーをキャストしている。ほどなくして来たぁ~!と言って魚を抜き上げる。シルバーに光るアメマスです。遡上したアメマスがプールに溜まっているようです。そしてBOB氏はアメマス連発。私も移動してキャストしてみるとアメマスがミノーを追って来るのが見える。楽しいです!しかし顕著にルアーに触るもののフッキングしない。やっとゴツッとした当たりがありロッドが曲がる。嬉しくして抜き上げて見ればアラアラ山女さん。

Pa023353

BOB氏は相変わらずアメマスを引き抜いているが次第にスレが進みルアーに反応しなくなってしまった。

このポイントを諦め、上流に遡行開始。点在するプールや深みに2人で交互にキャストして行く。

Pa023356

ポイントからはポツポツと岩魚が出るが型は大きくない。

そしてBOB氏がサクラマスの産卵床らしき場所を発見、どうやってあの砂防を上がって来たのか、もしかするとアメマスも遡上しているのではと期待して更に上流に進むと砂防堤が現れた。

Pa023358

ゆっくりと近づくとプールの流れ出しの途中で、大きなサクラマスが山女を引き連れて悠々と泳いでいる。赤色の婚姻色を身にまとい本当に綺麗です。

Pa023359

やがてサクラマスはプールの中でジャンプを始める。感激ですね。

プールの奥に向かってBOB氏とキャストを始める。シンキングミノーを沈めて軽くアクションを入れながらリトリーブするとガツッとした当たりがありロッドが曲がる。ヒット~!久し振りの心地よい引きを楽しみながら無事ランディング。ウンウン、やっぱりアメマスです。

Pa023354

更にキャストを続けると、グイッとロッドティップが曲がる。合わせを入れるとロッドが大きく曲がり暴れる魚。今までより一段と強い引き。良いサイズと思いながらゆっくり寄せるとフックが外れてthe end。残念でありました。気を取り直してキャストをすると、またガツッとヒットするが再びバラシ。腕が悪い!

その後もアメマスや岩魚が相手をしてくれて楽しい~!

Pa023360

Ca3e0400

やがて反応が無くなりこのポイントも終了。そして砂防堤の上に上がる。

この砂防堤は魚道が詰まっておりここから上流にはアメマスの遡上は期待出来ない。

キャストをしながら上がってゆくが案の定反応が非常に悪い。気温が下がり谷を吹き抜ける風が冷たく午前中の一本目より更に厳しい釣行になった。

Pa023361

それでも小岩魚数匹に相手にされながら滝まで到達。

Pa023362

期待を込めてキャストしてみたものの、本当に反応が無い。隣のBOB氏も苦戦中。

立ち位置を変えながらキャストを続けるとBOB氏にやっと一本、私にも当たりがありヒット、手前まで寄せた所で毎度のバラシでThe endとなった。

本当は今越えてきた砂防堤の魚道が詰まらず機能していれば、この滝にもアメマスが溜まって楽しい思いが出来たであろうに、残念な状況です。川の生態系保護の為にも関係者の皆さん何とか魚道の機能回復をお願いします。

この2本目の川は予想に反してアメマスが遡上しており心を癒され本当に楽しかった。

後半は確実に山岳渓流が終焉に向かっている事が実感できるものであったが楽しい1日が過ごせた。お付き合いして頂いたBOB氏には本当にお世話になりありがとうございました。また厳冬の日本海でお会いしたいです。

16時無事に現在滞在中の町に帰還。

Pa023364

2011年10月 5日 (水)

秋の山岳渓流(冷たい雨)

今回の出張、10月2日の日曜日が挟まり秋を迎えた山岳渓流に『行きたぁ~い』とBOB氏にメールを入れたらどうぞと云う事で、土曜日の夜からBOB亭におじゃまして小宴会、そして明日の作戦を練った。

この時期の山岳渓流は高い活性は期待できないがと言いつつとある渓を選択した。

朝5時に車に乗り込むとフロントガラスはバリバリに凍結、昨夜からな急激な気温低下が実感できる。そして気になる天気は朝から昼頃まで雨との予報、この低温と雨予報ではスタート前から厳しい予感が。

国道に出て一路北に向けて走る。薄明るくなった前方の視界には漁船の明かりが煌いている。

Pa023325

そして八雲に差し掛かると空からポツポツと雨が落ちてきた。もう雨かと気分が重くなる。南の方の空は雨雲が無く朝日が輝いているが北の方は・・・・・・・・。

そして前方に虹が出現、今日は良い事があるのでしょうか。

Pa023327

渓に到着して仕度をしていると寒い!雨に降られながら渓に入りキャストしながら歩く。そして空は一段と暗くなり雨脚が強くなり雷も鳴り始める。おいおい。

それでもプールにキャストしたミノーに岩魚がヒット、魚は居る。

Pa023329

フッと見るとBOB氏は魚よりキノコが気になるらしい。

Pa023331

雨が降り続く中を上に上に釣り上がる。しかしプールや淵は以前来た時より砂利で埋まり明らかに少なく浅くなっている。残念です。

Pa023347

ミノーをキャストして誘うがなかなかチェイスが見られない。チェイスがあっても途中で見切って数投もすると見向きもしなくなる。厳しいです。それでも辛抱にキャストを続け、ポロポロと岩魚を引き出すが余り大きなサイズが出ない。

Pa023335

Pa023336

そして二つ目の砂防でキャストしていると突然後ろから鈴の音色が????

見ると二人の釣り人が脇を通り過ぎる。この先は通らずの函でその先は行けないハズ。

後で上に居たBOB氏に聞くとあの通らずの函を30分程高巻いてから函の上に入る計画とか。いやいや何とも。

そして砂防を越えてから一段と魚影が薄くなったように感じるが、やがてあの函の入り口が見えて来た。

Pa023341

いやぁ~、この函はいつ見ても美しい。

しばし見とれていると高巻いている2人のピ~という熊よけのホイッスルがこだまする。

上はどうなっているんでしょうか?一回は見てみたい気もするが。

Pa023342

そして奥に入りBOB氏と交互にキャストするが本当に魚が居ない。BOB氏が一本バラしたのを見た後に私のルアーにやっと一尾の岩魚がヒットした。

Pa023344

釣れないので函を後にして下ると雨は止み急速に天気が回復してくる。

Pa023332

そして上りで散々私が叩いたポイントからBOB氏があっさりと尺物をヒットさせる。

ウ~ム・・・・・腕の差か。

そして入渓場所より少し下ったポイントで小岩魚達と戯れて

Pa023352

10時半過ぎに脱渓。

天気も数サイズとも今一歩ではあったが久し振りの山岳渓流は楽しかったです。

時間は早いしさてこれからもう一本行きますか。

2011年10月 1日 (土)

ちょっとだけ

ちょっとだけ
ちょっとだけ
ちょっとだけ
仕事が早めに終わり1時間だけ寄り道。渋いです。何とか一匹。後ろが気になって落ち着きません。撤退。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »