フォト
無料ブログはココログ

« 桜に振られ(標高差695m) | トップページ | 海もね~ぇ・・・・・ »

2012年5月 6日 (日)

GWのお仕事

GW後半、釣りに行きたいが私には家族サービスの義務が。(笑)

今回は5月4・5日と、広島県北のコテージにてまったりと過ごす2日間となった。

寄り道をしながらコテージに着いたのは15時前、下界と異なり上空は霧に包まれ気温9℃と冬を思わせる。

P5043521 

妻と少し散策をしてみると春を感じるこんなものが。

Ca3e0510

夜は久し振りにジジババ抜いた全員集合でゆっくりと焼肉をしながら話が進む。

そして私は芋焼酎片手に杯が進む進む。

すっかりと調子に乗って気が付くと0時を大きく回っている。(笑)

朝5時半に目覚めると昨日と打って変わって快晴で気温も高い。

それならばと寝ている家族を残して一人で山頂への登山道を進む。

Ca3e0513_2

時々鳴くキジの声を聴きながら振り向くと下界が小さい。

P5053522

日頃の運動不足が顔を出し始め、息が上がってくるが、歯を食いしばって上を目指す。

歩き始めて1時間、着いたぜ!

P5053525_2

Ca3e0519

その後は一目散に下山してコテージにて朝食後撤収。

奥出雲方面にドライブ、特産物の購入をしながら昼食のメニューを物色する。

娘達にスマートホンでググらせてとある蕎麦屋に決定した。

着くと人気店か連休か、行列ができている。小一時間待って出てきた蕎麦は、

Ca3e0524

石臼十割蕎麦に生湯葉が乗った湯葉蕎麦&仁多米のおにぎり。

一口食べると、湯葉のほろ甘さと以外にもっちりとした食感の蕎麦の風味が口一杯に。

本当に美味しゅう御座いました。待った価値はありました。間違いなく人気店ですね。

昼食後はこの地方のたたら製鉄の勉強をしながら帰路に着く。

途中でタラの芽やワラビを採取しながら

Ca3e0529

日本唯一のスイッチバック鉄道を横目に、これまた唯一の二重ループ橋で峠を越え帰路についた。

Ca3e0525

まあ総じて良いサービスが出来たであろう。たぶん。

そして私にはもう一つ大きな収穫があった。

運転しながら道中色々な渓流が目に止まり、頭にインプットされた。中にはヨダレの出そうな流も見え隠れ本当に心が揺らいだ。

さあ帰って広島県北と島根県北の渓の調査をしなければ。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 桜に振られ(標高差695m) | トップページ | 海もね~ぇ・・・・・ »

コメント

こんばんは。
家族サービスお疲れ様でした。
北海道ではなかなか湯葉は扱わない食材ですから、
湯葉蕎麦がとても気になりますね。
でも車で走っていると水が流れているところを通過する度に、
目がそちらに捕らわれるのは皆同じですね(笑)。

こんばんは!工場長さん。
家族水入らずで良い連休を過ごされたようでなによりです。
しかし、蕎麦に目がない私にとってとてもうまそうに見えます。実際においしかったのでしょうね。

工場長さんのご令嬢もスマートフォンですか?。我が家の愚娘も指を前後左右に押し広げていろいろやっているようです。アプリの使い方次第では大変便利のようですね。工場長さんもスマートフォンですか(笑)。

眼下に見えた渓・・探釣するのも楽しみですね。またのレポート楽しみにしています。

BOBさんこんばんわ。
私のGWと異なり、山菜に岩魚と実のある釣行で本当に羨ましいです。
近いうちにと予定を目論んでおります。
生湯葉はトロンとした食感でほんのり甘く絶品です。湯葉も蕎麦も醤油も全て地元産の食材で固めており、かなりこだわりを感じるお店でありました。一度ご賞味あれ、と云っても遠すぎますよね。

shinyaさんこんばんわ。
GW、北海道は天候が優れず大変だったみたいですね。
それでも阿寒湖に遠征して雨降る中、アメマスをボコボコと釣り上げる様、旅の途中でちょくちょく拝見させてもらってました。
流石shinyaさん、ヒットした本数もそうですがあの執念見習わなくてはと思っております。
生湯葉蕎麦はこの店のオリジナルみたいで大変美味しかったです。
今回遅ればせながらスマホでナビが出来る事を始めて知り感心しきりの私でした。
しかしあのタッチパネルの上で指で操作するのはどうも・・・・・。
最近は老眼が進んだようで携帯の文字を見るのがデカ文字でなければ、アプリを操作するのも面倒くさい。(笑)
当分は慣れひたし無んだGZ'ONEでシンプルに頑張り通します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GWのお仕事:

« 桜に振られ(標高差695m) | トップページ | 海もね~ぇ・・・・・ »