フォト
無料ブログはココログ

« 壮絶なる戦い | トップページ | the firstthe »

2012年7月16日 (月)

一か八か、梅雨空の下で

渓流で釣りをしたいと思いながら種々の事情でなかなか行けなかった。

そして先週も悪天候で急遽中止。

今週は久しぶりの3連休で土曜日はすっきりと一日中空いている。

今週はずっと雨が降ったり止んだり、明日の天気予報は芳しくない。

現地の明日の午前中は雨、時に強くなる事もあるとの事。

一か八か、行ってしまえと金曜日の23時出発した。そして日が変わり1時に現地到着。

一人宴会にて夢の中に、そして5時に目覚めると完全な雨模様。

結構強い雨足になっている。増水で駄目かもといやな予感が脳裏を走る。

とりあえず増水が少ないであろうと想像するとある渓の上流へと車を走らせた。

林道に入り渓を見ると笹濁り状態で水量は多いが何とかなりそう。

荒れた林道を慎重に走るが随所に窪みや落石があり倒木と木々の垂れ下がりが行く手を阻む。そして合羽を着て鋸で切り倒しながら前へと進むがもう限界。

P7143623

車を放棄し釣りの準備をして入渓。

P7143628

濁りは少なく流は強いがどうだろうか?とりあえずスプーンを落ち込みの中にキャストしてリーリングすると即座に反応がありロッドが曲がる。

良かったと思った瞬間バレてしまった。いつもの悪いクセが。

そして数投目、今度は乗った。慎重に寄せて抜き上げると朱点が綺麗なアマゴさん。

P7143601

良かった、一か八か来た甲斐があった。
雨が降り続く中上に向かって遡行開始。随所にポイントが現れる。

P7143603
そしてキャストすると必ず黒い影がチェイスするが最後の最後に見限ってUターンの連続。

そして何故かミノーに替えるとチェイスがない。今日はお好みでない?

スプーンでも3投目になるとチェイスも無くなる。したがって一投目勝負。

P7143606

その後もアマゴ達との知恵比べをしながら上に上に。

どうも今日は私の判定負け模様、

P7143608

ここは本日の最大サイズと思われる黒い影が果敢にルアーを追ったが・・・・・・・・・・

腕が足りなかった、残念!

その後は上に登るに従って渓は比較的なだらかになり歩きやすくなった。

P7143616
相変わらずヒットに持ち込める魚は少ないが、そこは根性で遡行を続け小振りながらポロポロとヒットすに持ち込む。

P7143611_5

P7143612_11

やがて行く手に倒木が激しく立ちはだかり遡行不能に。やむなく脱渓して林道を車に向かって下る。

雨は完全に上がり木々からの滴を受けながら歩く。気持ちが良いです。

P7143622_2

車まで戻り簡単に昼食を取り今度は下流に向かって林道を下る。

そして適当な所で再入渓してキャスト開始。

しかし水量が多くてポイントが絞りにくい。

P7143625_2

キャストを続けてもチェイスがほとんど無い。

辛抱にスプーンを白泡の中に落とし込んでリーリングすると久し振りのヒット。

ロッドを伝わる振動を感じながらニンマリとする私。

P7143624_2

やがて前方に綺麗な滝が出現して遡行不能になってしまった。

P7143626

滝壺に向かって重いスプーンを放り込んでみたものの、水流が速すぎて底に沈まない。

結局ノーバイトにて滝壺終了。

時刻は既に15時を少し回っている。これで今日の釣行は終了と心に決めた。

急斜面を這い上がり林道に出て車に向かう。

完全に雨の上がった山は緑がみずみずしく、疲れた体を癒してくれる。

P7143617

今日は一か八かの賭けであったが、綺麗で元気なアマゴ達と遊ぶ事が出来、日頃のストレスも発散できた。

心地よい疲れを感じながら帰路に着いた。

次回の訪問はお盆休みの頃かな?

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 壮絶なる戦い | トップページ | the firstthe »

コメント

こんばんは。
山アジサイ咲いてますね、こちらも咲き始めました、決してみごとな花では無いですけど、山間で可憐に咲いていますね。
アマゴ大きくなればサツキマスなんですよね、北海道では見られない魚です、渓の流れは結構道南ににた渓相ですね。

こんばんは!工場長さん。
降りしきる雨が、アマゴ達の活性を上げたようですね。スプーンにしか来ないというのも、ベイトを追うというよりもリアクションに反応が良かったのでしょう。しかし・・、この天気模様に良く出撃しましたね。工場長さんの執念を感じます。アマゴは、ヤマメの親戚ですから朱点以外は外観が同じですよね。

ヤマメ同様・・尺アマゴなんて・・いるのでしょうか?。

BOBさんこんばんわ。
アマゴ、北海道には居ないですよね。
朱点を除いたら全くヤマメと同じではないかと思います。
本流の下流にはサツキマスが遡上するみたいなので、来年にはお会いしてみたいと夢っております。
この渓は確かに道南の渓に似ているような。
そちらで山岳渓流にのめり込んだので、どうしてもそのイメージが感じられる渓が気になって(笑)

shinyaさんこんばんわ。
執念と言うよりも基地外に近いかも(笑)
本当はもっと条件の良い日に行きたいんですが、諸事情がありまして。
アマゴの朱点綺麗ですよ!
今回ルアーを追った中に尺近い黒い影が居たのできっと尺も居ると思います。
もっと下流の大場所にはきっとドデカいのが、きっと(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一か八か、梅雨空の下で:

« 壮絶なる戦い | トップページ | the firstthe »