フォト
無料ブログはココログ

« 一か八か、梅雨空の下で | トップページ | 暑~い夜明け »

2012年7月16日 (月)

the firstthe

三連休の最後はいつものポイントにシーバス狙いで4時半出発。

現地に着くと誰も居ない、一番乗り!

しかし誰も居ないとは何か妙。サッパリ釣れていないのかも?

支度をしていつものポイントに立つと水門から勢い良く水が流れ出ている。

海は先週と異なりいつもの透明度を保っている。決して綺麗とは言えないけれども。

Ca3e0563
まずは小型のバイブレーションを付けて水流の向こうに向かってフルキャスト。

着水後直ちにファーストリトリーブ。心地よい振動がロッドから伝わって来る。

しかし30分経過しても何の反応も無し。

その内に3人程のアングラーがやって来てキャストを始めるが皆同じ状況。

今日も駄目かなと思いながらバイブレーションをローテーション。

そしてリーリング中ロッドが突然曲がりリールのドラグが短く鳴った。

来たぁ~!

思い切りロッドを煽るとロッドが大きく曲がり更にドラグが鳴ってラインが高速で引き出された。

一度ロッドを両手で支えて我慢すると沖目で魚体が跳ねた。

よっしゃ!シーバス間違いなし。

しばし魚とのやり取りを楽しみながら岸まで引き寄せて、フィッシュグリップで引き上げた魚体は、

Ca3e0564

鰭ピンの今年の初物。

サイズは思った程なく目測50㎝クラス。でもそんな事はどうでも良くて素直に嬉しかった。

その後ショートバイトが2回あり、最後にヒットしたが寄せの最中に痛恨のバラシ。

惜しかったなあ。

隣でも一本大きそうなのをバラしたみたいで落胆模様。

そしてもう一人は何かがヒット、直後ロッドが大きく伸されてドラグが鳴りっぱなし、そして沖で黒い羽ばたく1m以上の巨体が浮上してthe end.

大きなエイでした、ご愁傷様でした。

私も撤収です。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 一か八か、梅雨空の下で | トップページ | 暑~い夜明け »

コメント

再び、こんばんは!
シーバス・・北海道のカラフトマスを彷彿させるスプリンターですね。行けば釣れるというターゲットででも無いようなので、釣れた時は感無量なのでしょうね。

shinyaさん再び今晩わ。
シーバス行ったら必ず釣れるのか釣れないのか、良く分かりません。
ただこちらに帰ってきて3年目に入りましたが、やはり釣れる時のパターンがあるようです。
潮位と時間と季節で釣り方とヒットルアーが異なります。
まだまだひよっこで運に任せる事がほとんどなので、これから修行を積みます。
カラフトマス、一度でいいから知床の先端の俗世間から隔離された大自然の中で釣ってみたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: the firstthe:

« 一か八か、梅雨空の下で | トップページ | 暑~い夜明け »