フォト
無料ブログはココログ

« 2013年初日の出 | トップページ | スモーク »

2013年1月 5日 (土)

2013年釣り始め

慌ただしく新年を迎え、正月の三日間は家族と共にゆっくりと過ごした。

そしてこの日には絶対に行くぞと心に決めていた4日の早朝、3時50分のアラームと共に飛び起きる。

しかし寒い、車のエンジンを掛けると気温-4℃と表示する今冬一番の冷え込み。

入念にタックルのチェックを行い北へ向かって出発した。

目指すはフィッシングレイクたかみや、俗称FLT(こう呼ばれるらしい)昨年も初釣りで初挑戦した管理釣り場。

とりあえず高速に乗る為に最寄りのICのETCゲートに進入したところ、いつものポン~と云う音がしなかったと思うとゲートが開かず急ブレーキ。

後ろに誰も居なかった為そろりとバックしてカードを差し替えて再スタート。

しかしゲートが開かない。

何故だ!再度バックしようとバックギアに入れた瞬間、スピーカーから大きな声で『お客様、カードの有効期限が切れております。ゲートを開けますのでこのまま前に出てください』

心の中では『昨年末までちゃんと使えたのに何で今頃』と思いながら通常のチケットを受け取り急いで出発した。

しかし新年早々からやってしまった。そして今日の釣果もいやな予感が脳裏を横切る。

高速の出口を出た辺りから路面の脇に白いものがちらほら、そして1時間も走ると完全なスノーロードに変身した。

P1043758
出発して約3時間FLTに到着した。

車はまだ少なかったが事務所前には既に10人位が8時のオープンを待っていた。

迷う事無く一日券を購入してスタッフにお勧めポイントを聞いてそのポイントに入った。

逸る気持ちを抑えて丁寧にタックルを準備、天気は雪がちらつき寒いものの無風、昨年の猛吹雪とは雲泥の差である。

P1043759_3

気合いを入れてキャストすると隣の青年がデカいと叫んでいるのが耳に入る。

見るとロッドが満月に曲がりドラグはジーッと連続音を響かせている。

そして水中でヒラを打つ物を見るとデカい、いや巨大だ。

隣で青年の親父がネットに入らんと言いながらランディングネット2本で頭と尻尾から無理やり挟んで放り上げた。

その横たわる虹鱒は計測の結果73㎝との事。う、羨ましい!

そして左手の方からもデカァ~と声が上がっている。そして対岸でも。

それなのに私には何の当たりも感じられない。そんなに外れたタックルとは思えないんだけど。

その後も右の親父にも巨大な虹がヒット、ランディング寸前でラインブレイク、意気消沈。

不謹慎ではあるが現在の自分の心境を思うと自然に笑みがこぼれてしまう。

そしてこれが悪かったのか、ピタリと活性が落ちルアーはおろかフライにも全く当たりが出ない。

全く当たりの無いまま2時間が経過した。まさか管理釣り場でボウズ?ありえん!

全体の渋さを見てかスタッフが生簀からタモ網4杯位の放流を行った。

そしてやっと我がルアーにも当たりが、合わせを入れフッキング完了、ロッドに伝わるバイブレーション気持ちがいいですねぇ~。

しかし簡単に抜き上げられるサイズでお隣さんのと比較すると可愛い、トホホの世界です。

P1043760_3

その後同様のサイズを一尾追加して再び全体の反応が止まってしまった。

スタッフが言っている話を聞くと、ルアーの色もまちまちでヒットする層も表層の人も居ればボトムの人も居るとの事で傾向がバラバラとの事。

本日の最高寸は78㎝、最重量は70㎝ながら6.5kgの極太だったと。

ただ全体に数は出ないが来たら大きいサイズだとか。

そんな羨ましい話は聞きたくない、私のルアーに是非ともアタックをお願いします。

昼前、隣の青年親子が帰ると言うのでそのポイントへ移動、そして昼食の為に小休止。

昼食後気合いを入れ直してキャストを再開するも沈黙が続く。

スプーンも色を変え重さを替え、クランクにシンキングペンシルあらゆる物を付けてキャストしてみるもののやはり沈黙。

まさかお情け放流の極小サイズ2尾で終了?現実味がして来るのが怖い。

15時を過ぎたがスタッフによる放流も無し、絶望的じゃ!

そしていつの間にか左の隣の隣にフライマンが入っていた。

そのフライマンに虹が連続ヒットし始める。これが時合かあちこちでボイルが見られるようになった。

私も再度気合いを入れ直し、スプーンをキャスト、底に沈めてからスローに引いていると違和感が、ロッドを煽ると乗った!

型は可愛いサイズらしいがこの際はとにかく久々の魚信がこの上なく嬉しい。

これが合図か顕著にルアーに当たりが出始め可愛いサイズながらポツポツヒットする。

そして中にドラグをジッジィ~と引き出す元気者も現れる。

バラさないようにロッドで操り慎重に寄せてランディングネットに収まった虹は今日の私には一際大きく見えた。

P1043765

この直後、再度ドラグを鳴らす元気者を掛けたがランド寸前で不用意にテンションが抜けて痛恨のフックアウト、残念。

そしてクローズド30分前、マッドレッドの3gスプーンに明確な当たりが出た。

ロッドが満月に曲がりドラグがジージ-と鳴る。

望んでいた巨大虹ではなさそうだが今日一番のサイズと確信。

慎重にロッドを操りゆっくりと体力を消耗させる。そして肉眼で魚体が確認できたが???

ゴールド、いや白い。さらにドラグを鳴らして最後の抵抗をするが何とかネットインに成功して無事ランド。

Ca3e0657

45㎝のアルビノレインボー、見るとスタッフが大きくOKのポーズをしていた。

アルビノを釣るとプレゼントがあるらしい。

やがて蛍の光が流始めて本日の釣行は終了。

急激に気温が下がり暗くなってきた湖面に別れを告げる。

Ca3e0658

帰りに事務所に寄るとアルビノを釣った人に特別プレゼントがあった。

Ca3e0659_3

Ca3e0662_3Ca3e06610002_5

プレゼントは札幌ラーメンにオリジナルスプーンのバイト一個。

スプーンは色々種類はあったが4.2gのこの色をチョイス。

個人的には今日一番の収穫で良いお年玉となりました。

結局最後の1時間半で8ヒット2バラシと猛スパートでまずまずの結果かな。

次回こそは極太虹を堪能してみたい。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 2013年初日の出 | トップページ | スモーク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年釣り始め:

« 2013年初日の出 | トップページ | スモーク »