フォト
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

下手な鉄砲も数撃ちゃ・・・・・・・

GW前半に突入した27日の夕方、春本番を迎えた北の川に向かって出発した。

いつもの様に現着後、車の中で遅い夕食を取りながらウイスキーを片手に中宴会。

翌朝5時アラームと共に飛び起きた。

日の出より早い(笑)

本日も釣れないだろうが、時期的には外せないサクラからスタートする事に。

河口近くのポイントに立つがかなり遠くの上流に先行者一名。

とりあえずディープミノーを結んでフルキャスト、反応ありません。

しばらくすると東の空に朝日が昇る。

P4283797_3

キャストしたルアーには相変わらず何の反応もありません。先行者の姿も消えてしまったし。

尚も上流側に下流側にとポイント移動をしてみたものの、

P4283795

全く反応も気配も感じられません。やっぱりサクラは厳しいです。

せめてもの救いはこれ

P4283798_3

ima Farina Deep 85Fゲット。

水位が大きく下がった為誰かがロストしたミノーが発見できた次第。

元オーナーさん頂きます。

時刻は7時、さあ山に向けて移動開始。

本日の一本目は支流の支流となるが岩魚の生息域らしい。

支流の出会い付近まで車で移動し支流を遡行して二股を発見、目的の支流に入った。

規模は小さくてポイント毎に木や倒木が多くて釣りづらい。

P4283799

ミノーをキャストしながら登って行くが全く魚のチェイスが見られない。

そしてとある落ち込みで泳がせたルアーに魚が飛びつきヒット、しかし直後にフックアウト。

またやってしまった。しかし今日初めての反応で俄然やる気が。

そして山の頂上がかなり近くなった上流の、木が被さったやや深い流の奥に苦労してミノーを打ち込むと、電光石火でロッドが曲がる。やっとやっと魚がヒット。

何とか引きずり出して抜き上げると、

P4283802

あらら虹鱒君では、こんな上流に何故居るんでしょうか?岩魚君は?

更に上流を目指すが行く手を阻む岩が出現、

P4283803_3
そのすぐ上にはかなりの落差のある滝がちらりと見える。

撤収!

そして二本目の渓に向けて車を走らせた。

ここはヤマメの流域、地図で確認してポイントに一番近い所まで移動。

後は廃道に近い道をひたすら徒歩で上流を目指す。

道が高度を下げて川に降りれるようになってから入渓、良い渓相です。

P4283806_2
しかし肝心のお魚の反応がありません。

ミノーやスプーンをチェンジしながら上流に遡行するがとにかく魚影もチェイスも反応もなし。

本当にヤマメさんはいらっしゃるのでしょうか?

そして大きな滝が行く手を阻んだ。

P4283804_2

滝壺に向かってしばらくの間ありとあらゆるルアーをキャストしてみたものの、

全く反応ありません。

撤収!

そして三本目の渓へ移動。

今日はまだ岩魚の顔を見ていないので再び岩魚の渓に。

ここは支流の支流になるが一本目より規模が小さく開けていて午後の日差しが気持ち良い。

入渓ご直ぐに良いポイントが出現。

P4283807
ミノーをキャストすると黒い小振りの影がミノーをチェイスする。

二投げ目、ヒラ打つミノーにヒット、抜き上げるとチビ岩魚君。

P4283809
今日の初岩魚、お相手してくれてありがとう。

更に遡行するとこれは居るでしょうと云うポイントが。

P4283810_2

そして平打つスプーンにガツッと出た本日一番の型、でも小振りです。

P4283811

その後もチビ岩魚二本追加してこの渓撤収。

時刻は15時30分。

さてどうしようか?完全撤収には早すぎるし、さりとて何所に行こうか。

虹に岩魚の顔が見れたのでアマゴ狙いで三目達成を目論んで移動。

残された時間1時間弱、急げ!

ここは上流には入った事があるが下流域は初めてだが。

とりあえず入渓し易い場所から入って見たがなかなか良い感じ。

目ぼしいポイントを急いでキャストして遡行する。

黒い小さな魚がルアーを時たまチェイスするもののヒットに持ち込めない。

時間が無いそして、良さげなポイントが現れた。

P4283818

このポイントを最後にしようと決めた。

狙いを定めて落ち込み脇にキャスト、ゆっくりとミノーを平打たすと乗ったぁ~!

しかし引きが弱いが・・・。

P4283815
アレ!チビ岩魚君、こんな所で。

本日の最後の締めくくりにご登場ありがとうございました。

P4283816
これにて本日終了!

初めての渓を3本、精力的に動き回ったが、数型ともに今三歩で『下手な鉄砲は数撃っても当たりません』といった感じの一日となりました。

しかし気温も上がり爽やかな春の日差しの下での釣行は健康的でありました。

次回は数型ともに満足する釣行が出来るでしょうか?

P4283819
次回の遠征時期をプランしながら帰路に着いた。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2013年4月21日 (日)

初海

何時もの場所周辺でシーバスの釣果情報が聞かれる様になってきた。

土曜日は工場の方も落ち着き休日に、午前中は雨が降る前にと果樹の予防作業。

午後から今年の初出撃に備えてタックルの準備に入った。

予報通りの雨が降り出したが、予想より雨足が強く、風も出て気温も下がり、急遽夜の出撃は中止とした。

夜ネットで明日の天気を確認すると、明朝は大丈夫そう。

と云う事で4時起床、何時もの場所に出撃した。

P4213805
久し振りの夜景を横目に一路ポイントに急ぐ。

現地に着くと先行者3名がキャスト中。

私もその中に入り今年初めてシーバス用ミノーを付けてフルキャスト開始。

一投目よりゴン!とした当たり。

その後も顕著にゴン!、ブルン!、ゴゴッ!とした当たりがあるもののフッキングせず。

どうやら時々跳ねているボラの当たりのようだが。

P4213806
やがて5時半前、朝まづめを迎えたが傾向は変わらず。

先行者も同様の状況らしい。

その後は明るくなりキャストし易くなったが、ボラの当たりも遠のいてしまった。

P4213807

シーバス戦線異状なし!

7時、撤収!

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2013年4月15日 (月)

逃走中

  4月に入り工場関係は上手く事が運んで、何の不安も無く土日の連休を迎えた。

となれば一日は自分の時間を使っても良いでしょう、と金曜日の夜新しく購入したミノーを詰め込んで北に向かって出発した。

現着後は何時ものように小宴会。

P4133783_2


アラームを5時20分にセットし1時半に就寝。どんなドラマが始まるか?

アラームより少し早く寒くて目が覚めた。

車のエンジンを掛けると-2℃、この所急激に寒くなり2日前には県北の山間部は積雪もあったので不思議ではないが。

早速車を走らせて本日の最初のポイントに入る。

P4133784

まずはディープダイバーやスプーンでキャスト、キャスト。

サクラさんはいらっしゃるのでしょうか?

上流に下流にとポイントを移動しながらキャストを繰り返すが、やはりと云うかまだまだ修行が足らんという事か、今回も全く気配無し。

後から来た人に様子を伺うが皆一様に首を振っている。

厳しのお~!

今度は花冷えのする山に向かって走った。

P4133788

今日の渓流一本目はここ、ヤマメの河川らしい。

事前に地図で調べていた場所と思われる所から入渓。

キャストをしながら遡行するが全く追いも当たりも無い。

そしてちょっとしたプールにキャストしたルアーにガガッとした当たりがありロッドがしなった直後にバレた。Oh~!!!

ギラッと光った魚影はヤマメか?

しかしその後は全く何も起こらない。落ち込みやトロ瀬、プールもあるのに・・・・・・。

そして行く手を阻む函が現れた。

P4133786


こりゃこの奥は無理と清く諦めて脱渓。

このまま行くと今日は坊主かぁ~!!!!
時刻は12時を少し回っている。

昼食のカップ焼きソバを食べながら、次に向かう渓についてあれこれと考えを巡らせた。

何とか魚の顔を見るために、昨年実績のあった渓に向かう事に決めた。

とある渓に移動して入渓、渓は美しく良さげな雰囲気プンプン。

今度はこの度購入して本日デビューのミノーを装着してキャスト開始。

ウムウム、巷で言われているようにヒラヒラとした動きが私にも出せる。

そしてキャストしたルアーに岩魚がヒットしたが即バレ。

今一歩慣れが必要か?

遡行を続けると水深のある落ち込みが現れた。

P4133794

水の落ち込みにルアーをキャスト、大きくトゥイッチを入れながらスローに引くと、黒い影が現れた。しかし反転して消えた。

二投目、少し深く沈めてからトゥイッチを入れるとガツッとした当たりがありロッドが曲がる。

今度こそ、慎重に寄せて足元のプールに魚を入れる。

P4133789

25cm位の綺麗な岩魚。これで坊主は回避したゾ~!

その後も小岩魚一尾がヒットしたものの、ルアーを喰わせきらずにスレて終了の連続。

まだまだ修行が必要ですね。

それでも脱渓前の落ち込みポイントでにて、本日3匹目の岩魚がヒット。

P4133798_2

数は少なかったが本当に楽しかった。

脱渓したものの時刻はまだ3時半、更に続いているこの上はどうなっているのだろうか?

時間の許す限り行ってみる事にした。(もの好き)

ここも大小の落ち込みや小滝が適度に現れる良い渓相ではありませんか。

P4133800

そしてこれも本日初使用となる蝦夷でキャスト開始。

これも良い動きだ。キャストしてトゥイッチするとドンとした当たりがあり水中でギラッと光る。ウン・・・・・・・。

岩魚ではないゾ!

ゆっくり寄せるとアラアラこんな所で、アマゴさん。しかし・・・・・・・・・

P4133803_2

特徴的な赤い斑点が見えませんが、ひょっとしてヤマメさん?

でもこの渓はアマゴと岩魚の渓となっているハズ、どっちか分かりません。

とにかく予定外の2種目目の達成です。調子に乗り更に上流に向かうが遡行し難くなり時刻も時刻でと思い脱渓した。

そしてフと上流を見ると少し先に良さげな落ち込みが目に入った。

再度藪漕ぎして何とか到達、蝦夷を落ち込みの奥に落としトゥイッチ数回目、ドスンとした重い当たりがありロッドが大きく曲がった。

良い型だと直感、ゆっくりとロッドを煽り暴れる魚体をいなし浮かせた。

本日最大サイズと思われるナイスバディー、ゆっくりと足元に寄せて写真を撮るためにラインを持って水溜りに移動する最中、岩魚が大きく暴れてプッツンとラインが切れてしまった。

ミノーを咥えたまま岩魚君は逃走、岩の間に隠れてしまった。

しかし派手な色のミノーを咥えたままでは居場所が丸分かり、岩の間に手を突っ込み捕獲開始。

しかし私の包囲網を掻い潜っては逃走の連続、そしてとうとう派手な色の蝦夷とともに消えてしまった。

『逃走中!!』

大の大人が必死こいて何やってんだか、一人で笑ってしまった。

藪漕ぎの時にラインを木に引っ掛けた記憶が、これが原因かなぁ~。

教訓:藪漕ぎ注意、逃がした魚はやっぱり大きい、そして買ったばかりの蝦夷も、ガックリ。

P4133801

午後からは気温も上がり晴天が広がり美しい自然の中で気持ちよく日頃の鬱憤も晴らせた。全身に感じる心地良い疲労感を少し通り越した足腰背中の痛みを感じながら帰路に着いた。

今週からは少し体を鍛えにゃぁ(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »