フォト
無料ブログはココログ

« 何時もの場所で 重量潜水艦浮上せず! | トップページ | はっぴぃばぁすでぃ »

2013年7月15日 (月)

思うようには行きませんね

早朝からシーバスに走りその後工場の維持管理作業で出社、そして夕方からは北の山に向かって17時出発した。

途中いぶきの里千屋温泉に立ち寄りサウナで大汗をかき、露天風呂でまったりと一日の疲れを癒し20時、本日の車中泊予定地点に到着した。

P7133907

本日は就寝までに余裕がある為、ビール3本、ウイスキーの水割り、焼酎でおつまみをつまみながら中宴会、22時明日の釣果を夢見て就寝。

翌日は4時半、アラームとともに目覚めた。

北海道での渓流釣りから一ヶ月、中国山地の渓流釣りから二ヶ月と遠ざかっており気合十分。

直ぐに車を走らせて予定していた一本目の渓に到着した。

現地は緑が鬱蒼として春先の風景から一変して盛夏を感じる。

準備をして5時半、今日はこのポイントから入渓。

P7143909

期待を込めてミノーをキャスト、チェイスなし。おかしいなあ~。

その後いくらキャストしても全く魚影もチェイスも見られない。

今日はこのポイントお留守でしょうか。

次のポイントへ、しかしここも魚影もチェイスもなし。

その後もポイントポイントにキャストをしながら釣り上がるが、本当にチェイスも魚影も見られない。

そして行く手に現れるクモの巣の嵐、ポイントに向けてキャストすればラインにまとわり付き、移動すればロッドに巻き付く。

取っても取っても取りきれず、ラインに玉となって残り、最後にガイドに引っかかってキャスト不能に。

しかたなくラインを切り、玉を取り老眼の進行した目でりスイベルを結び直す。

釣果がない上にこれではイライラ極限値。

P7143915_2
そして現れた深い釜のある落ち込みで初めての黒い影がチェイス。

ミノーをヘビーウエイトに換えて再キャスト、下からフワ~と黒い影が浮いてきてミノーを咥えた。

ロッドを煽るとググググと暴れた直後にフックアウト。ああぁぁ~!!!

今のはかなりの良型だったのに、ショックは極大値。

そして次のポイントではヒラを打たせたミノーを目掛けて、岩陰から猛スピードでアタックしてきたシルバーの魚影。

ガツッとした衝撃があったが乗せられなかった。

今のも良型のアマゴの様であったが・・・・。

今日のような状況ではチャンスを確実に物にしないと釣果は伸びません。

やっぱりヘボルアーマンでは無理かな。

まさかのボウズが脳裏を駆け巡る。

気温も上がり全身汗びっしょり、水をこまめに補給しながら期待の一発を夢見て更に上に上に。

そして変哲もない落ち込みでやっと本日のボウズ逃れの岩魚がヒットした。

かわいいサイズではあったが、今日はそんな事は言っていられない。

ありがとう~!!!
P7143910

更に上ってキャストを続けたが本当に魚影がない。

そんな中、流れの緩い浅いプールにルアーをキャストしたら何処からともなく大きな魚影が現れた。

尺近いサイズでユラユラとミノーを追うがもう一歩の所で見限って消えてしまった。

ダメだぁ~!
P7143914

いやぁ~疲れた、こんなはずでは無かったんだが・・・・・・。

一本目撤収!

P7143917

そして二本目の渓に。

最初のポイントでアマゴがヒット、しかしこれも途中でフックアウト。

またですか。

その後は全く反応も無くこのままではお魚の顔が拝めそうもない。

何時も実績のある渓に移動を決意した。

P7143920

しかしいつものポイントで何の反応もなし。

上に上にと遡行するものの、小さな魚影がたまにチェイスするのみで岩魚さん何処へ?

そしてとある落ち込みでかわいい岩魚がやっとヒット。

P7143919

それにしても渋すぎる。

そうするうちに砂地に真新しい足跡発見。

そうだったのか、こんなマイナーな渓にはめったと人は入らないと思っていたのに。

脱渓!

脱渓したものの時刻は15時、中途半端な時刻だ。

次の渓に移動するのも時間が足りないし、どうしたものか。

結局帰り道に近い方向で新しい渓を探渓してみる事にした。

地図上でいつも気になっていたが道が良く分からない為ずっと行けないでいた渓。

今日は時間がある為ゆっくりと探してみよう。

我が愛車は未だにナビ未装着車であり勘が頼り。

あちこち車で走り回りやっとそれらしき渓を発見した。

舗装道路がダートに変わり勾配がきつくなった頃清流の音が窓から聞こえて来た。

そして適当な所で車を止めて渓を覗くと良いんでない。

P7143926
とりあえずロッドを持って渓に降りてキャスト開始。

数投目でロッドが曲がった。

足元に寄せると岩魚君、かわいいサイズではあったが非常に嬉しかった。

新しい渓発見。

P7143923

その後もポイントではそれなりにチェイスが見られるし、何とも渓相が良い。
P7143924

そんな中で一尾のかわいい岩魚をヒットさす事ができた。
P7143925
更に良さそうな渓相が続いているが、既に時刻が17時を大幅に過ぎている。

家に帰る時間を考えると今日はここまで。

撤収。

P7143927

久々の渓流で期待を膨らませて望んだものの、クモの巣にはやられ、先行者にもやられ釣果は最低、思うようには行きませんね。

そんな中で新しい渓の引き出しが増えた事で良しとしましょう。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 何時もの場所で 重量潜水艦浮上せず! | トップページ | はっぴぃばぁすでぃ »

コメント

こんばんわ!工場長さん
なかなかイイ渓相ですね~
どことなく 道南の渓を思わせるような
かなりシブそうですが ボウズ回避はお見事(*^ー゚)b
暑い中 三本回るとは 相変わらずタフですね~
昨日から かなりの雨量で洪水のような映像をTVで拝見しましたが
お住まいの附近は 大丈夫だったのでしょうか?

この雨の増水後が チャンスかも知れませんね(゚▽゚*)

ダニに気を付けて下さいと言ってたら 先日、自分が連れ帰ってしまい 
嫁にくっついていて朝大騒ぎで\(;゚∇゚)/  こってり怒られました(`ε´)(笑)

いやいやKENさん、回った渓は4本です。
道南で経験した渓が最初だったもので、どうしても似た渓相を探してしまうんですよ(笑)
何処も渋かったですけど、良い渓相でした。
この日の夕方は我家の周りでとんでもない豪雨があり、妻から安否のTELがありました。現地は一滴も降らなかったんですが。
しかし翌日はニュースで流れたように、私が回った渓の周りは劇雨だったようで時間雨量100㎜突破、記録始まって以来とか。
たまたま私の娘がこの近辺に遊びに行っており、山間の山道を走っている時に豪雨に会い、斜面からは水が滝のように車に落ちて来るは、道路は上から川の様に濁流が流れて来るは、反対側の小河川は濁流が水飛沫を巻きながら大暴れしておりマジ死ぬかと思ったと言っておりました。
一日釣行予定がズレていたら大変な事になっていたかも。
お互いに気を付けましょうね。

こんばんは!工場長さん。
酷暑の中、山岳渓流の釣りお疲れ様でした。
気温は当然30度を超えていたのでしょうね。そんな中を渓を遡るなんていうのは、冷暗所好みの北海道人にとっては、かなり厳しいかもしれません(笑)。

ヒグマの心配をしなくて良いのはあずましいですが、吸血昆虫や蛭の類はいないのでしょうか?

今日も山形県での集中豪雨の様子が報道されていましたが、お互い無理は禁物・・。安全、安心な釣りをこれからも楽しみましょう。

shinyaさんおはようございます。
県北の渓で高度もありますが暑いですよ。
渓当たり、500mlのペットボトルの水一本といったペースで消費しました。
吸血昆虫類やヒルはほとんど感じませんでしたが、アップしたようにクモの巣には閉口しました。
本当にラインやロッドに纏わり着いてイライラの極限でした。
熊も私の入る地域には居ない(極めて少ない)?みたいですが、もう少し西に行ったり東に移動すると出没するみたいです。お月さんですけど。
自然のフィールドでは何が起こるか分かりませんのでお互いに無理の無い(笑)行動を心がけましょう。
あと食べ過ぎにはくれぐれもご注意を。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思うようには行きませんね:

« 何時もの場所で 重量潜水艦浮上せず! | トップページ | はっぴぃばぁすでぃ »