フォト
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月25日 (日)

何時もの場所で 大雨

早朝、目覚めると激しい雨音がしていた。

やっぱり雨かと思いながら、今年の最後であろう早朝アタックを決行した。

5時前現地に到着したが相変わらず雨は降り続いている。

そして何時もの場所を見渡すと、中央の水門が開いて勢い良く流出ている。

P8253969
しかし右隅の水門は閉じたままで何時ものような流れが出来ていない。

何時もの場所からフルキャストしてもあの流れには到底届きません。

土砂降りの中キャスト、キャスト。

手前の方ではボラが群れているらしく、三投に2回位の割合でスレバイトが発生しては即バレル。

そして6時半根掛かりでルアーロスト、撤収!

P8253970
島根県のような猛烈な雨ではなかったが、帰路の水位はもう少しで道路まで到達。

大雨洪水警報が出ているようだし我が家の畑周りは大丈夫かな。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2013年8月13日 (火)

猛暑逃れて

お盆休みが始まった11日午前中に大汗をかきながらお墓の清掃を済ませ、午後北の山に向う。

連日40℃越えが聞かれる中、北に向かう程気温が下がって行き気持ちが良い。

途中温泉に寄り、サウナで大汗をかいて目的地近くに到着、準備完了!

出切った汗をビール4本に水割り2本で喉を潤し、22時前にはお休みタイムに入る。

P8113930
翌朝4時半過ぎに目覚めると、気温20℃と我が家の辺りとは6℃も低く超快適。

夜明けと伴に渓に移動して準備に入る。

P8123932

今日は前回の釣行で初めて見つけた渓をじっくりと調査予定。

果たしてどんな展開になることやら、楽しみ。

渓はまだ薄暗い中キャスト開始。

まもなくしておチビの岩魚がヒット、本日のボは難なく回避。

この渓の渓相も良い感じだ。

P8123944

しかし一匹目以後なかなかルアーをチェイスする魚影が現れない。

そんな中やっと2匹目の岩魚がヒットした。

沈み石の周りを丁寧にルアーを通す事数度、ガツッと出て来た。

P8123945

小振りではあるが綺麗な岩魚。

続いて次のポイントでもヒラ打つミノーに果敢にアタックして来た岩魚。

よしよし、そう言えば頭には白い虫食い模様が見られるがゴギ系?

P8123949
P8123948

渓も明るくなってきたが、それに連れて気温も急上昇。

額に汗が滲み始める。

しかし岡山県南と比較すると極楽極楽、この地が羨ましい。

更に数匹の岩魚に遊んでもらいながらひたすら上を目指す。

こいつは虫食い斑点が大きくはっきりしているし、

P8123954

こいつは斑点が小さいし、個体差が興味深い。

P8123956

やがて堰堤が現れたがそれを越えて更に上に。

上に行くほど渓が平坦になり流れが細くなる。

それでもルアーをキャストするとたまに黒い影が走る。

まだ岩魚達は生息している感じ。

さらに進むとチャラ瀬となりほとんど深い場所が無くなった。

これ以上は無理と判断して林道があるハズの右斜面を藪漕ぎして林道に向かう。

そして平坦な場所に出たが、アララ・・・・・・・・。

P8123952

背丈位ありそうな草ボウボウ(大汗)

北海道と異なり熊の心配はないので無理やり草をかき分け車に戻った。

さあ、次の渓に行ってみよう。

ここも最上流にはゴギ系の岩魚が居たが今日はどうか?

林道の最上流まで車で登り更に歩いてポイントに向かい入渓。

キャストしながら上がるが2匹の黒い影を乗せきれなかった。残念!

そして満を辞して最後のポイント、

P8123961

キャスト一発、ヒラ打つミノーに飛び付いた岩魚、

P8123958

小振りでありましたがありがとう。

さて次は魚種を変えてアマゴを狙いで流域を大きく変えて再入渓。

しかし、何にも反応がありません。

魚が居ない?

ルアーを変えて、立ち位置を工夫して、リーリングに変化を持たせたが効果無し。

全くチェイスが見られない。

朝から歩き続けて既に8時間、ペットボトルの水は2本が空に。

足が重くて少しバランスを崩すと転倒しそうになる。

ウ~ム限界か、このままアマゴは拝めないかも。

とうとう脱渓地点まで来てしまった。

このままでは終われんと疲れた体に鞭打って、更に上にある数ポイントを叩いてみることにした。

一つ目のポイントは無反応、

二つ目のポイントにて、

P8123965

キャスト後のロッドにグングンとした魚信が伝わりロッドが曲がった。

長かった、そしてしんどかった、最後のバラシに細心の注意を払い無事ランディング。

P8123964a

小振りなアマゴではあるが執念の一尾となり本日終了!

9時間半の渓歩きで、両手に収まる程の釣果でしかなかったが、海でも当分振られっぱなしで久し振りのお魚。

数や大きさよりもお魚と遊べて満足出来る一日でありました。

さあ、今年は後何回北の渓で遊べるか?

P8123957

17:00山奥の清流を後にして猛暑の家に向かって出発した。





にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2013年8月 4日 (日)

何時もの場所で 再び

暑さに加えて完全に梅雨に戻った感じの超ジメジメ、早朝4時起床したが既に汗ばむ。

今日も農作業前に何時もの場所に出発。

4時半現地到着、水門は閉まっており流れ出しなし、先行者もなし。

何時ものようにバイブを結び何時もの方向にフルキャスト。

しばらくキャストしていると水門が少し開いて水流が出来た。

そしてコツッとした当たりが。

居る居る、バイブを実績の高いタイプに変えてフルキャストしてリトリーブしていると、ガツッとした当たりがありルアーが止まった。

来たぁ~!ロッドを煽りリールを巻くと沖でシルバーの魚体が跳ねた。

追い合わせを入れてリーリングすると激しく抵抗するが突然テンションが無くなった。

慌ててリ-リングスピードを上げると奴はこちらに向かって泳いでいるようで再びテンションが戻った。

今日こそはと慎重に寄せていると再び下に向かってドラグを鳴かせながら逃走開始。

ロッドを大きく曲げて応戦するがドラグが止まらない。

そして突然、フッとテンションが無くなった。

Oh~!!!何故だぁ~?

ゆっくりとリールを巻いてラインを回収してみると又してもPEラインが切れている。

先週ラインを全て引き出して綿密に傷の有無をチェックしたのに、海底の岩に付いた牡蛎にでも擦れたのか。

とにかく二週またいで3バラシ、最低!

その後も二度ほどそれらしき当たりがあったがヒットせず。

全身にクソ重い湿気と暑さを感じながら本日の釣行終了。

P8043929
帰ってからは桃の出荷の手伝いに柿の予防が待っている。

あぁぁぁぁ~!気が重い(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »