フォト
無料ブログはココログ

« 一区切りですが | トップページ | 今年最後の上陸 »

2013年9月26日 (木)

巡り巡って今季終了!

9月は日曜日ごとに種々の行事が入っており、山に鱒達の顔を見に行けない悶々とした日々が過ぎていた。

この秋分の日、何とか一日スッキリとしたお休みが確実となった。

ならば行くしかないでしょうと北の渓流に向けて前日の夜から出発した。

23時過ぎには車中泊の場所に到着、何時ものように小宴会、翌朝アラームより先に目覚める。何という気合の入り様(笑)

9月末で禁魚となる渓流、今日はどんな展開がまっているのか。

黒い山のシルエットの上に広がるダークブルーの空には雲一つ無く、まばゆく月が浮かんでいる。

天気、問題無し!

P9233952

そして本日の最初の渓は初めての渓、林道に入ると何と道は廃道寸前。

胸の高さまで草が覆い茂り、無理やり車を押し込んでみたものの、路面状況が確認出来ず数百メートルでギブアップ。

その地点からの入渓となった。

P9233958

この渓随所に落ち込みや深みがあり、面白そう。

ミノーをキャストすると魚が走るのが見えた。

良いんでしょう!

しかしミノーに喰らいつく奴が出て来ない。

次々にポイントを叩き我慢を重ねた末にやっとミノーを咥えてくれた魚が現れる。

ロッドをしならせてパーマークを見せながら暴れる魚影、久しぶりの快感です。

慎重に取り込むと、赤い斑点のアマゴさん。

よっしゃぁ~!坊主回避。

P9233957_2

そしてしばらくしたポイントで二匹目のアマゴがヒット。

P9233960_2

今日は良いかもと心で笑う。

しかしこれがマズかったのか、その後は魚影も薄くなり渓の高度もどんどん上がる。

P9233962

そろそろ岩魚が出るんではと思いながら遡行を続けるが、全くそれらしき気配が無い。

P9233954

流れは次第に細く急になり、最後にミノーを咥えたのはこれ。

P9233965

名前分からず。

P9233966

とうとう流れが見えなくなった。

しばらく下って脱渓。

林道に出て見ると、やっぱり!

草が胸高くまで立ちはだかり視界超悪し。

そんな中にもススキの穂が見えて渓の終焉を感じてしまう。

P9233967_2

やっとの事で車に戻り二本目の渓に急ぐ。

目的の渓の林道に入ると先行者の車が、そして釣り師が見える。

止まって話を聞くと既に上まで行って来たとの事、しかしその前に誰かが入った形跡があると言う。

この渓パス。

岩魚の顔が見たくて3本目の渓に入る。

しかしミノーをキャストしても何の反応も無い。

今日は不在か?

しばらく辛抱しながら遡行を続けると真新しい足跡発見。

そういう事か!

いや~ぁ、参った参った、禁魚前は厳しいのぉ~・・・・・・・。

さてどうするか、時間も無いし帰る方向に近い岩魚の渓を目指した。

誰も入っていませんように。

林道に入り入渓場所に着くと先行者の車は無かった。

よしよし、直ぐに支度をして渓に降り遡行開始。

しかしいくらキャストしても無反応、厳しいです。

でも渓の変更は出来ない、辛抱にキャストしながら遡行すると、

P9233972

このポイントでやっとやっと初岩魚。

P9233971

お待ちしておりました。

そしたら次のポイントで続けざまにゴギタイプの2尾の岩魚がヒットした。

P9233974

P9233979

その後あと一匹と粘ってみたものの、とうとう出ず。

17時今季の渓流が終了しました。

出足は期待できたのに、終わってみれば厳しい釣りでありました。

今年は新しいフィールドが増えた事が収穫でしたが、1年通じて型がショボかった。

P9233981

来季こそ大人サイズをと思いながら山を後にした。

来年3月、解禁が待ち遠しいのぉ~!

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 一区切りですが | トップページ | 今年最後の上陸 »

コメント

工場長さん こんばんわ!
禁漁前 釣行 お魚見られて良かったですね
魚種不明?は何でしょうね グイウーさんに似てますけど・・・

さて ラストの写真のタックル持って 今季渓流 本当のラストを飾りに来てください。
都合が合いましたら 渓でおいしいポイントを譲って
精一杯の お・も・て・な・し をさせて頂きますので (*^-^)
でも やっぱり イイとこ持って行くかも・・・(笑)

KENさんこんにちわ。
今季最終もう~んといった感じでした。
現在出張予定をいつ組むか真剣に悩んでおります。
釣行日程の為ではありませんよ(笑)、マジ種々の条件が重なってて悩ましいのです。
もちろんその時は最後の画像のタックルを持って、お・も・て・な・しに感激したいと思いますが・・・・・・・

こんばんは!工場長さん。
山岳渓流ファィナルお疲れさまでした。渋いと言いながらもしっかりと型が見られているご様子、お見事です。釣り人の数対・・渓魚の数は相変わらず厳しいようですが、ヒグマの心配が無用というのは、ある意味素敵なことかもしれませんね(笑)。


今日7年ぶりにアキアジタックル引っ張り出して、近郊のサーフへ行きましたが見事にこけました。回りでは結構上がっていたのですがね・・。スッポ抜け2回で終了・・。本宅に戻って針を総入れ替え・・、自炊に期待ですなあ(笑)。

shinyaさんこんばんわ。
おっしゃる通り羆の危険は全く無いので、全身ピリピリして風のざわめきでもビクッとするような事全くありません。
私の通っているフィールドは月さんもほとんど居ないみたいで、もう少し西や東に向かうと頻繁に目撃情報があるようですが、どうなんでしょうか、根本的には熊さんにはお会いしたくありません。
そして私の釣果は何時も渋いですわ。
しかし種々の人のHPを見ると、尺越えを出しているアップを良く見ます。
居る所には居るんだと思います。
来年も引き続き探渓しながら見つけてやる、尺の住む渓を(笑)
shinyaさんは7年振りに秋アジ釣りに出撃したんですか。
今年は海水温が高くて北海道はブリの豊漁に湧いているようですが、秋アジも岸寄りしているんですね。
周りが釣れて自分だけ釣れなければ気が収まりませんよね、リベンジのアップ期待しております(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巡り巡って今季終了!:

« 一区切りですが | トップページ | 今年最後の上陸 »