フォト
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月27日 (月)

今日は燻製作り

管理釣りでお持ち帰りとなった虹鱒達、今年こそは美味しい『おつまみ』にしようと先週の月曜日、夜なべ作業で虹鱒の下処理を行いソミュール液に漬け込んだ。

しかし燻製処理は時間の関係で休みの日しか出来そうにない。

泣く泣く冷凍処理して今週の日曜日を待った。

土曜の夜から解凍作業開始。

日曜日の朝からは猫とカラスに注意しながら塩抜き作業に入った。

Ca3e08980001

昨年はこの時間が長すぎたのか塩分が少な過ぎたのか定かではないが、とにかく出来上がりは塩分が不足して今三歩といった出来であった。

今年こそは!

2時間余り塩抜きして脱塩終了。

S字フックで吊るして風乾開始。

しかしここで天気が急変、雨が降り出した。しかたなく軒下に入れて扇風機で風を送って3時間余り、良い感じだ!

Ca3e08990001

今回の為に特別に作り直した段ボール箱の大型スモーカーに吊るして、

Ca3e09000001_2

炭火とスモークウッドを入れてスモークタ~イム。

Ca3e09010001

本日は3時間スモークした所で終了。

外は寒いのでこのまま吊り下げて乾燥、頃合いを見てもう一回スモークするかな。

完成まで後何日?

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2014年1月21日 (火)

何とか恰好がつきました!

年明けに向かった管釣でまさかのボを喰らい最悪のスタートを切った今年。

このままでは始まらない、大きく裏切られて満たされない気持ちを引きずりながら、前回同行し惨敗したN君と再び19日の日曜日、リベンジを誓って北に向けて出発した。

4時半出発気温-2.5℃、道中は寒波の影響で6割がたスノードライブ、凍結した路面に気を配りながら目的地にひた走った。

現着6時半、本日はフィッシング・リゾート・庄原。

前回我々に大変厳しかったフィッシング・レイク・高宮を避けて新たな管釣に挑戦です。

受付でエントリーを済ませ本釣り場のルールを聞いた後いざスタートフィッシング。

P1194026_2

寒々とした湖面にスプーンをフルキャスト、そしてスローにスローにスローにリトリーブ、ガイドに付く氷を溶かしながらのフィッシング。

しかし何の生命反応も感じられない。前回の悪夢が脳裏をかすめる。

40分位立った時、沈めきったスプーンをリトリーブした瞬間『クッ』とした僅かな違和感を感じ,ロッドを立てると突然ドラグがジィ~と鳴り魚が乗った!

待ちに待ったこの瞬間、暴れ回る魚をいなしながら無事ネットイン。

P1194027
40㎝クラスの虹鱒さん、今年の初魚となりました。

これでボウズの呪縛から解放されて釣りを楽しめる余裕が(笑)

しかしその後一匹追加した所で全く釣れなくなってしまった。

しかし後から隣に来たN君、本日の一匹目をヒットさせたのを皮切りに怒号の連続ヒット、あっという間に二桁に。

P1194034

一体この差は何なのか、色々情報をもらいながら試すようにキャストするが状況変わらず。

やっぱり腕の差か、それとも当たりを感じられない鈍いおじさんなだけか?

昼前になりやっとヒットした一尾、ドラグを鳴らし元気に走り回るが痛恨のラインブレイク。

午前中の部終了!

昼食を挟んで午後の部スタート。

大きく場所を移動してみたものの相変わらず当たりなし。

今日も惨敗か。

全体の雰囲気やロケーションは最高なんだけれども今の状態では心が優れない、休憩。

Cimg1157
休憩後キャスト一投目、底まで沈めてスローに引いた瞬間久々の当たりが。

瞬間的にロッドをしゃくると魚信。

ドラグを鳴らしながら寄せると水中で怪しくくねる白い魚影、アルビノレインボー。

P1194037

ネットですくって浮桟橋の上を管理棟に向かって猛ダッシュ、専用水槽に入れた後抽選券と交換した。

現在はHappy New Year in FRSのイベント期間中でアルビノレインボーを釣り上げた方に一等ステラ1000S、二等以下5,000~2,000円の賞品券。

抽選は2月末、遅れて来たお年玉となるか?

これで何かが変わった、立て続けにヒットが始まった。

Cimg1162

Cimg1160

P1194039

今までの苦労は嘘のよう、楽しぃ~!

結局午前中の不振が影響してヒット数は12匹、まあ今の私ではこんなもんなんでしょう。

2人で40㎝クラス10匹キープして何とか恰好がついた管釣リベンジとなった。

しかし管釣も奥が深い、その時々のルアーの泳層とリーリングスピードに肝があるとしみじみ感じた次第でした。

管釣用の実績あるルアーにロッドも考えなければ(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2014年1月12日 (日)

今日は予防

今年最初の連休は我が家のミカンの予防から。

この寒い時期にマシン乳剤を散布する事で、カイガラムシの被害を食い止める効果が。

合羽を着こんで朝から3時過ぎまで丹念に散布。

Ca3e0891

Ca3e0892

まあ散布した木の間をすり抜ける為頭から合羽は乳剤だらけ。

妻曰く、『少しは肌が潤ったのでは』

余計なお世話です。

そんなこんなで夜は久し振りに爺婆抜きで娘達と焼肉に。

Ca3e0895a

今度はたっぷりと内側から潤いを与えておきました。

これできっと少しは若返るはずだけど。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2014年1月 5日 (日)

2014年の始まり(I Wanted)

年初めは3年続づけて管釣りスタート。

今年は会社の釣り好きN君との初コラボ、気合いを入れて朝4時半の出発となりました。

道中は雪も無くいたって快調に走れ、何と7時前には現地に到着。

早すぎ。

P1044021
とりあえず準備を済ませて順番待ちをしながら湖面の様子を伺う。

P1044019
あちこちでボイルがあり良さげな雰囲気プンプン。

発券を済ませて8時スタートフィッシング。

場所は昨日当たりが多かったと云う堰堤右手の湖畔ポイントへ2人で入りキャスト開始。

期待を込めて1.5g~3gのスプーンをキャストキャスト、変ですねぇ~。

何にも当たりがありません。

そして右隣に入ったアングラーだけが5から10分おきに派手にドラグを鳴らしてヒット連発。

その後も我々2人には全くの気配が感じられない。

あちこちでポツポツとはヒットしている感じだけれども、右隣の御人だけは別格。

別格のアングラーはスプーンをキャストして底に沈めた後、ロッドをややアップ気味にしてたまにポーズを入れてラインを見ながら超スローリトリーブ。

我々もやってみるが全く当たりを感じない。

タックルの性能以前に私のテクニックが無いだけ?

ジィ~と鳴るドラグの音に嫌気がさしてポイント移動。

P1044020
しかし状況変わらず、おまけに雨まで降ってきた。

12時前になり昼食を入れて仕切り直し。

午後から放流があるとの事でそこに近い堰堤までポイント移動。

P1044022
しかし放流後も活性は上がらず、誰もヒットさせていない。

P1044023

誰かが話している声が聞こえる。『湖水のトラウト密度を上げただけだと』

このままでは本当にまずい。

N君はここで午前中のポイントに行きますと行ってしまった。

私は終盤の活性アップを信じて堰堤に居座った。

3時を過ぎたあたりから近くでボイル見られるようになったが相変わらず私には。

ヒットするのはフライと堰堤右隅の決まった場所のみ。

そしてN君から一本のTEL、念願の初ヒットですと。Oh~!!!

更に鬼気迫る勢いでキャストキャスト。

しかし・・・・・・・。

時間が無い、意を決して朝一のポイントに移動。

最後の望みを託してキャストするが、あの別格アングラーはギーギー。

左向こうでもロッドが曲がっている。

P1044024
そしてついに

蛍の光が流れ始める。

慌てて目一杯ロッドを振ったら後ろの木立の枝にルアーが触れてブチッ!

終了です。

まさか、まさか管釣りでボ・ウ・ズ、ありえん。(号泣)

帰ってきたN君に聞くとあれから小さいけど4本ヒットとか。

更に(号泣)

ウ~ム、ポイントが悪かった、タックルが悪かったとかは置いておいて、

小さな子供までヒットしている、単純に腕が悪いという事を自覚せねば。

色々試してみたんですが、何もかも足りん。

N君が言うには明確なコツンとした当たりは出なかったと、そしてリーリングするリールの回転が重くなった感じがした時にバイトしていたと。

私にはそんな感覚も無かったんだけれどもねぇ。

人間自体の感度が落ちている?

とにかく、とにかく悔しいです。

必ず必ずやリベンジじゃ!

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2014年1月 1日 (水)

明けましておめでとうございます

Cimg1124
穏やかに新年が明けました。

今年もよろしくお願い致します。

Uma21

今年も健康と安全に気を付けて、体力の続く限り行くぞ~お山へ!

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »