フォト
無料ブログはココログ

« 今日は予防 | トップページ | 今日は燻製作り »

2014年1月21日 (火)

何とか恰好がつきました!

年明けに向かった管釣でまさかのボを喰らい最悪のスタートを切った今年。

このままでは始まらない、大きく裏切られて満たされない気持ちを引きずりながら、前回同行し惨敗したN君と再び19日の日曜日、リベンジを誓って北に向けて出発した。

4時半出発気温-2.5℃、道中は寒波の影響で6割がたスノードライブ、凍結した路面に気を配りながら目的地にひた走った。

現着6時半、本日はフィッシング・リゾート・庄原。

前回我々に大変厳しかったフィッシング・レイク・高宮を避けて新たな管釣に挑戦です。

受付でエントリーを済ませ本釣り場のルールを聞いた後いざスタートフィッシング。

P1194026_2

寒々とした湖面にスプーンをフルキャスト、そしてスローにスローにスローにリトリーブ、ガイドに付く氷を溶かしながらのフィッシング。

しかし何の生命反応も感じられない。前回の悪夢が脳裏をかすめる。

40分位立った時、沈めきったスプーンをリトリーブした瞬間『クッ』とした僅かな違和感を感じ,ロッドを立てると突然ドラグがジィ~と鳴り魚が乗った!

待ちに待ったこの瞬間、暴れ回る魚をいなしながら無事ネットイン。

P1194027
40㎝クラスの虹鱒さん、今年の初魚となりました。

これでボウズの呪縛から解放されて釣りを楽しめる余裕が(笑)

しかしその後一匹追加した所で全く釣れなくなってしまった。

しかし後から隣に来たN君、本日の一匹目をヒットさせたのを皮切りに怒号の連続ヒット、あっという間に二桁に。

P1194034

一体この差は何なのか、色々情報をもらいながら試すようにキャストするが状況変わらず。

やっぱり腕の差か、それとも当たりを感じられない鈍いおじさんなだけか?

昼前になりやっとヒットした一尾、ドラグを鳴らし元気に走り回るが痛恨のラインブレイク。

午前中の部終了!

昼食を挟んで午後の部スタート。

大きく場所を移動してみたものの相変わらず当たりなし。

今日も惨敗か。

全体の雰囲気やロケーションは最高なんだけれども今の状態では心が優れない、休憩。

Cimg1157
休憩後キャスト一投目、底まで沈めてスローに引いた瞬間久々の当たりが。

瞬間的にロッドをしゃくると魚信。

ドラグを鳴らしながら寄せると水中で怪しくくねる白い魚影、アルビノレインボー。

P1194037

ネットですくって浮桟橋の上を管理棟に向かって猛ダッシュ、専用水槽に入れた後抽選券と交換した。

現在はHappy New Year in FRSのイベント期間中でアルビノレインボーを釣り上げた方に一等ステラ1000S、二等以下5,000~2,000円の賞品券。

抽選は2月末、遅れて来たお年玉となるか?

これで何かが変わった、立て続けにヒットが始まった。

Cimg1162

Cimg1160

P1194039

今までの苦労は嘘のよう、楽しぃ~!

結局午前中の不振が影響してヒット数は12匹、まあ今の私ではこんなもんなんでしょう。

2人で40㎝クラス10匹キープして何とか恰好がついた管釣リベンジとなった。

しかし管釣も奥が深い、その時々のルアーの泳層とリーリングスピードに肝があるとしみじみ感じた次第でした。

管釣用の実績あるルアーにロッドも考えなければ(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 今日は予防 | トップページ | 今日は燻製作り »

コメント

こんばんは!工場長さん。
今年一発目の撃沈釣行は拝見していたのですが、しばらく放置にて申し訳ありません。

フィッシング・リゾート・庄原は、フィッシング・レイク・高宮よりもはるかに反応が良いようで、無事リベンジ達成おめでとうございます。しかし、スプーンの1.5g~3g使用のラインシステムはどんなものなのでしょう。私も3g・・北海道では超マイクロスプーンの類に入りますが。使用することがあります。渓流のスレたヤマメを狙う時の専用ですね。

スプーンと言えば十勝川本流で狙う時には26gをかっ飛ばしていますし、私のメイン釣行には入っていませんが、アキアジは工場長さんも経験があるのでわかると思いますが、40g~60gですからね・・。

1.5gの世界というのは、想像ができません・・(笑)。

shinyaさんこんばんは。
管釣りでボウズと云う信じられない腕の持ち主です。
なのでどうのこうのとは申し上げられませんが、御質問にお答え致します。
まずタックルですが当然管釣り用の物は持ち合わせておりません。
したがって渓流タックルの流用となります。
ロッドは5.6F UL、リールはshimano1000番で頑張りました。
ラインシステムは900円程度で売っていたエリア用のナイロン4lb直結です。(本当はラインをもっと細くすれば良いんでしょうがラインブレイクが怖くて)
なので色々試しましたが2g位(2g以下は持っておりません)のスプーンはなかなか飛距離が稼げません。そしてリーリングしても余り何処を泳いでいるのかはっきりしませんでした。これが釣果が伸びない一因かも?(N君はメバル用ロッドを使用しておりました)
2.5~3g位であればそれなりにキャストできて把握できましたが。
そして5g位ですといつもの感覚でキャスト&リトリーブ出来るんですが、この日は一匹もバイトがありませんでした。
やはり2g以下のルアーをストレスなくキャストするには、そしてルアーの信号を敏感に拾えるにはエリア用に作られたロッドが良いんだろうなあと漠然と思っている次第です。
いずれにしてもこの世界は渓流とはまた異なった世界だ、と鈍いながらも感じております。
2月はもうそこまで来ましたが、今年は色々分け合って予定がはっきりしておりません。
う~む・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何とか恰好がつきました!:

« 今日は予防 | トップページ | 今日は燻製作り »