フォト
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月25日 (火)

20分一本勝負

振替休日だった月曜日、火曜日に部署の月ごとにある会議の資料を完成させるべく休日出勤、予定どおり11時前には終了。

帰路についたがこのままでは悲しいので、ちょっとだけ一番近いポイントに寄り道。

潮位は下げに入っており水門は開いている。

良い条件なんだか・・・・・・・・。

実は地区のとある人が亡くなり、14時より葬儀に出席予定。

家で昼食を食べながら鈍い頭でフル計算。

ポイントまで車で10分で往復20分、着替えが5分で葬儀場まで20分、5分余裕を持つと・・・・・。

現在時刻12時50分、葬儀が終わってから出発すると潮位が低過ぎるし。

鈍い頭は急げと指示を出した。

大急ぎで車を飛ばし小雨の中、ロッドを握りしめて現着。

鉄板バイブを付けて沖に向けてフルキャスト&リ-リング。

2投目に何かがコツンと当たった。

ボラか?

そして4投目、リ-リング直後にゴンとした衝撃と同時にロッドがひん曲がる。

慌ててロッドを立てるとギィ~とドラグが鳴りラインが勢い良く出て行く。

ヒット、ドラグを鳴らしながら応戦するがなかなか寄らない、ボラにしては何か変。

そして水面下にボラとは明らかに違う魚体を確認した。

とにかく元気よく走る、弱らせておとなしくなった所で無事ランディング。

Ca3e0459

Oh~!!!立派なシ-バス。

久し振りのランカ-サイズかと思ったが、5㎝不足の75㎝。

20分一本勝負、勝ったなり!

しかし急がねば、お葬式に遅刻する。

以上昨日の出来事でした。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2018年9月24日 (月)

ちょっと早かったか、蟹獲り初体験

土曜の夕方、会社の同僚N君より蟹獲りのお誘いがあった。

夜は空いていたのでOKの返事をし、初めての蟹獲りをする事に。

用意は全てするとの事で、ヘッドライトと滑り止めのフェルト底の靴を用意して現地に向かう。

N君は地元の蟹獲り名人直伝の仕掛けを4セット用意して待っており、サンマをカットしてネットに入れて堤防両側の積み石斜面に投入。

潮は満ちに入っており穏やかに時間が過ぎる。

P9224675

しばらくして仕掛けを引き上げ素早くタモ網をその下に入れる。

蟹が居れば餌のサンマを食べにネットに張り付いており、タモ網で捕獲できる段取りらしい。

一発目は空振り。

そして数回目、白っぽく平たい物体がチラッと見えた。

恐る恐るタモ網を覗くと見事Get。

石蟹らしい。

積み石の斜面にへばり付いて操作する為、足がプルプル笑ってくる。

強制スクワットのよう。

しかし今日は非常に捕獲数が少ないと云う。

昨年は出向くたびに50~100匹位獲れたと云うが。

始めて3時間、潮が足元まで上がって来たし、捕獲数もサッパリなので終了。

本日の成果は8匹。

P9224678
N君、大変お世話になりました。

昨日の夜、ぶつ切りにしてお味噌汁に仕立てました。

蟹のだしが濃厚で小さいながら身もプリプリ。

美味しゅうございました。

今度はハイシーズンに再挑戦じゃ!

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2018年9月19日 (水)

今年も早こんな時期に(私的ラスト渓流2日目)

5時起床、どんよりした頭で夜明けを待つと、空もどんよりとしていた。

何所も水量が多そうだし何所に行こうか、一番近場で確立の高い渓はと言う事で本日も岩魚の渓からスタ-ト。

最近は余り良い記憶がないですが、数匹くらいなら何とかなるか?

とりあえず入渓、天気のせいか渓の中は非常に暗い。

P9174653
入渓して最初のポイントでキャスト、カツッとした後生命反応が。

P9174654
そしてポイントごとに

P9174656

P9174659

P9174661

P9174662
おいおい、どうした、嬉しい誤算です。

型はあまり大きくないけれど久振りにハイテンション。

すると木々の葉っぱよりポツッと水滴が垂れる。

そしてその勢いは次第に増してくる、とうとう雨です。

流石雨男の本領発揮です。

P9174663

そしてとあるポイントでここまで良い働きをしてくれたD-コンをロスト、

残りのルア-を色々試すが、視認性が悪かったり(老眼は悲しいな)、動きがお気に召さないか、反応が悪い。

久振りにスプ-ンを取りだしキャストすると、ガツッ!

お気に召すようでありました。

P9174664
その後もガツ、ググッと反応復活、

P9174668

P9174670

P9174671
いや楽しいです。

雨も忘れて遡行を続けかなり上った所で、水流が多くて釣り辛くなり脱渓。

2本目の渓に向かった。

ここで再度渓流の女王を狙ったが、ここが一番水量が多くポイントがつぶれ気味。

入渓者も多いのか、サッパリ反応がない。

雨は止む気配もなく、気力も低下、昼を過ぎ腹も減ったし、

止めた、これで今年の渓流は終了です。

撤収!

今年は出向いた日数も少なく、余り良い釣果もなかったなあ。

来シ-ズも宜しくと帰路に着いた。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2018年9月18日 (火)

今年も早こんな時期に(私的ラスト渓流1日目)

あの暑い暑いとにかく暑い日々は何処やら。

気を抜くと朝夕半袖では肌寒い感じがする昨今、9月末までのお休みをあれこれ考えると、墓掃除、墓参り、秋祭りの道掃除、準備、山上講、いやはやビッシリ詰まってます。

と云う事で秋雨前線が居座っていたものの、日・月曜日の連休に北の山にラスト渓流行って来ました。

出発はいつもの様に夜、0時前に道の駅に到着後小宴会、朝を迎える。

7時目的の渓に車を走らせる。

P9164644

天気は晴れ、山には霧がかかっている。

雨男の遠征としては良い条件ではないでしょうか。

まずは坊主回避で実績のある岩魚の渓に直行。

現地に着くと結構水量が多いのでは、昨日一昨日雨だったのか?

とりあえず準備して入渓、水はやや濁り気味で流れが速い。

P9164649

沈み石や流の緩い所ミノ-を通すも反応なし。

遡行を続ける事小一時間、全く反応なし。

こりゃ厳しいですわ。

そして本命の流域に入るも、いつもは果敢にミノ-に喰らい付く岩魚も居らず、ヤバいと心が騒ぐ。

そしてやっと初ヒットが、

P9164647
長かったですね、ありがとう!

その後も反応なし、

やっと、やっと

P9164650

もう一尾追加した所でこの渓終了。

次を頑張ろうと渓流の女王様を求めて別渓に。

ここは更に水量が多い感じ。

準備して遡行するも全く反応なし。

P9164652

ここで一発と淡い夢も砕け散りあえなく撤収。

P9164651
すすきの揺れる秋の好天の一日、釣果は最低でした。

下界に降りて温泉に直行、お湯とサウナで体を労り、夕食を買い込み再び道の駅にて中宴会、

本日終了。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2018年9月 9日 (日)

雨の河口

雨の河口
雨の河口
降り続く雨の中ロッドを振り続けたが、ボラの猛攻に会いあえなく退散。
期待してたんですがネ。

2018年9月 2日 (日)

今日の河口2

今日の河口2
雨上がりの早朝、先行者4名。
厳しい状況のようです。
反応するのはボラのスレ掛かりのみ。

2個目のバイブをロストしたところで、撤収!

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »