フォト
無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月14日 (金)

ゴギの里へ(3日目)

3日目の朝6時に目覚めると、外は小雨で風が吹き荒れていた。

車の外に出ると腰や足首が痛い。

流石に渓流3連荘は厳しい年になったみたいです。

今回は最初から3日目は探渓と決めていたので特に問題はなかったですが。

今日昼頃まではこの一帯に滞在できる予定。

今後の事を考えて、まだ行った事がない渓をピックアップし、一つずつ回って見る事に。

まずは渓流Aの上流部。

P8104780

渓流B上流部

P8104781

渓流B中流部

P8104782

渓流C中流部

P8104785

渓流D

P8104786

次回の釣行予定の中に記憶しておこう。

11時半3日滞在したゴギの里を離れて帰路に着く。

今回は釣れる渓釣れない渓がはっきりしていたが、全体でみると満足できる釣行であった。

今季この水系は8月31日で終了となる。

来年は今回の釣果と探渓を基に開幕から早い時期を狙ってみようか。

17時30分無事帰還。

3日間で総走行距離800㎞、事故なく無事に釣行できた事に感謝。

疲れた!

けど楽しかったです。

gt;にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2020年8月13日 (木)

ゴギの里へ(2日目)

2日目5時半起床、朝食を済ませ目的の渓に急ぐ。

今日も緯度経度から林道入り口を探し、らしき道を発見した。

Kimg0273

準備を済ませさっそく遡行開始。

ここもなかなかの渓相です。

Kimg0269

がしかし、キャストを繰り返しても全くもって魚影が走らない。

そしてあわや踏み潰しそうになったこ奴。

その後も我慢の遡行が続く。

Kimg0274

全く釣れる気配を感じないが・・・・・・。

ここも駄目だった。

P8094767

そしてやっとやっと今日のゴギ1号がヒットした。

Kimg0268

そうしているとアレアレ、砂防堤が出現した。

もしや、入渓場所が下流過ぎた?

Kimg0271

林道に這い上がり上流に向かって歩く。

上はどうなっているのか、渓に戻らず歩き続けると、車が1台止まっている。

いつの間に上がって来たのか、釣り人????

この渓今のところ良くないし、更に先行者が居たら最悪。

次行きましょう。

P8094769

しかし今日は良い天気だ。

渓の中でも、そして渓の外では汗が噴き出る、暑い!

次は大きく流域を変えて無事に目的の渓に到達できた。

林道が2股に分岐した所でカップラ-メンで遅めの昼食。

何処から入ろうかと迷ったが、少し下がった所から釣り上がる事にした。

この渓ここ2日間ではかなりマイルドな渓相。

ゴギさん居りますか?

P8094773

たまに黒い影がミノ-を追うがヒットに持ち込めない。

2度目は二度と姿を現さない。

厳しいか?

しばらく遡行して初ヒット。

Kimg0284

そして小振りなゴギがお相手してくれた。

P8094765

遡行して行くと渓が分岐している。

迷わず大きい方に入ると、突然渓相が険しくなりゴギの反応も良くなってきた。

入渓地点をミスったかも。

P8094777

そして落ち込みや沈み石周りにミノ-を泳がせると、

次々にヒットする。

Kimg0279

Kimg0286

P8094771

Kimg0281

P8094774

P8094775

P8094778

そしてここでは今回最大サイズの黒い影がミノ-をチェイスして心臓がどきどき、

だが一瞬フックに触れた様な感触が伝わったがフッキングならず。

逃がした魚はたぶん大きかった。

Oh~!!!!!!!

P8094779

まだ良さそうな渓相が続いているが。

時刻は16時を大きく回ってしまった。

実は今日ジムニ-にガソリンを補給しないと確実に止まってしまう。

ここから降りてうまい事ガソリンスタンドが見つけられるか。

とにかく早く脱渓すべきと判断。

大変心残りではあるが、次回必ず探渓してみよう。

Kimg0263

結局見つけた2件は閉まっており、最後は広島県に入ってやっと給油、

良かった。

今夜は匹見川の廃道にてソロキャンプ。

簡単に夕食を作り椅子に座って星空とせせらぎを聞きながら夕食開始。

ただ一つ残念な事が、この近辺コンビニはなし、商店もあるやらないやら。

どうしても冷たいビ-ルが入手できなかった。

豊かな自然と引き換えに我々が普段なんとも思っていない便利さが無くなっている。

今回の教訓。

ビ-ルと氷は忘れずに!

>にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2020年8月11日 (火)

ゴギの里へ(1日目)

今年の盆休みは7月の4連休を2日出勤した代休が入り9連休となった。

これだけまとまった休みになると考える事は一つのみ。

渓流三昧。

しかしコロナ禍、外出は控えるようにと言っているが・・・・・・・・。

要は人との接触を避ければ良い事、ソロキャンプで3日間山に籠り、人に会わずに渓流を満喫しようと。

8/7の19:00、4年振りのゴギの里に向けて出発した。

まずは遊漁券の購入の為、津和野近くのコンビニを目指す。

0:30目的地に到着、遊漁券の購入を希望すると『すいません、今切らしてます』だと、

フ・ザ・ケ・ル・ナ!!!!

無いものはどうしようもない、今日入渓する予定の近くで車中泊を決め込んだ。

しまった、余りにも熱くなってビ-ル買うのを忘れてしまった。

しかたなく持参した焼酎を煽り眠りに着いたが暑い、暑くて眠れない。

ウトウトして6時起床外は小雨模様、パンをかじりながら遊漁券の取り扱い店の検索。

一番近くに電話したが、『すいません、もう漁協に返してしまった』と、いい加減にしろ!

〇〇の〇〇〇店に行けば絶対に有るからと。

このまま券なしで強硬入渓しようかとも思ったが、そこは考え直し往復1時間かけて遊漁券入手。

急げ、ゴギの渓に。

あらかじめ調べておいた林道入り口の緯度経度を頼りに、それらしき場所発見。

林道は荒れ気味であったがそこはジムニ-、問題なく進みます。

Kimg0252

上に登り車の向きを変え少し下がっていると入渓者が上ってきた。

『上に誰か居た』、いえいえ私が一番乗りですと、ご挨拶して引き取ってもらった。

間一髪、セ-フ!

準備をして遡行を開始、良い渓相だ。

Kimg0251

しかし全く反応がない。

そしてミノ-に飛びついた今日のゴギ1号。

P8084757

小さかったがそんな事はどうでも良い。

久し振りにゴギに会えた、満足です。

更に遡行を続けると、渓流は急に高度を増し始め、ゴギの反応が出るようになった。

P8084755

P8084760

ポイント毎にキャストすると、

Kimg0254 

P8084758

P8084762

Kimg0259

最高ですね。

標高は600mを超えている。

 渓も狭くなってきたところで体の疲労感が噴出した。

ここはこれで切り上げて次の渓を目指した。

次の渓は大きく流域を変えてヤマメとゴギの渓に移動。

P8084763

釣行可能な時間は約2時間。

体がきついので下目から入渓したが、既に抜きつくされているのか?

ヤマメらしき魚影がミノ-にアタックしたがフッキングせず、後黒いゴギらしき影が2度出てきたが。

17:00終了。

昨夜は暑くて眠れなかったので、今日は標高950mのとある場所でソロキャンプ開始。

まずは源流の流れで裸になり体を清め?山シャンプ-して風呂は終了。

Kimg0265

クッカ-でスパゲティ-を茹でてペペロンチ-ノに仕上げ、冷たいビ-ルで乾杯。

椅子に腰かけ夜空を眺めながら焼酎を煽り、20時過ぎ猛烈な睡魔で車に入り、

翌朝日の出まで9時間の爆睡。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »