フォト
無料ブログはココログ

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月12日 (月)

忙しくなって来ました

今年は季節の移り変わりが早く、近所のビワは皆袋掛けが終わっていると妻がうるさく言う。

そんな4/10・11は雲一つ無い快晴。

風は冷たかったが日差しは強く袋掛けには絶好の日和。

開花後膨らんだ実の房を見渡し、大きくて傷の無い実を2個選び後は指で押して折る。

Kimg0553

Kimg0552

これが莫大な数あるんです。

実を間引いたら専用の紙袋をかぶせて根元を固定する。

いやはや気の遠くなる作業です。

木に登ったり、脚立に登ったり、体を脚力と背筋で支えてこの作業を続けます。

朝9時から16時過ぎまで、2日間2人で約2,000枚掛けました。

Kimg0554

夕方には体中がバキバキ、

まだ1,500枚位掛け残しが、後は妻に任せましょう!

これからビワが終わると桃の袋掛け、各種農薬散布、収穫と盆前まで忙しい。

それでも合間には釣りを目論む、後は体力勝負。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2021年4月 4日 (日)

『鯛ラバ』デビュ-

会社のN君に誘われて鯛ラバのデビュ-となりました。

朝4時半起床して一路東の漁港にひた走る。

途中のコンビニでN君と合流して6時現着、準備万端で乗船して6時半出航。

P4040107

雨を覚悟していたがまだ直ぐに降ってくる気配なし。

30分ほど航行している間にNくんより釣り方のレクチャ-を受け、やがてポイントに到着。

船頭の合図で一斉に鯛ラバの投入。

水深30m前後の海底に着水後リール10~15回転までリフト&フォ-ル。

程よく流れがあり早々船首でヒット、しばらくしてN君にもヒット。

私は当たりなし。

その後全体で3匹ほどヒットした後潮が止まり気配が消えた。

船はあちこち移動するも全く当たりがない。

11時頃雨が降り出したがやっと当たりが感じられるようになった。

P4040108

そして初めての当たり、穂先をコツコツ叩きギュッと引き込んだ。

心地よい抵抗を感じながら船長の持つたも網に収まった初鯛。

P4040111

ここからあちこちでヒット、時合に突入。

しかし時合は短く後は散発、雨が本降りとなった13時撤収。

P4040112

鯛2匹にニベ1匹、鯛とヒラメのバラシにてデビュ-は終了しました。

竿頭は7匹、まあ最低限の結果は残せたかのかな。

また機会があればリベンジじゃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »