フォト
無料ブログはココログ

« 2024年4月 | トップページ

2024年5月

2024年5月22日 (水)

西の秘境に遠征(2日目)

目が覚めると6時前、既に完全に明るくなっていた。

P5040559b

とりあえず片付けて出発の準備。

一番乗りの為には少しでも早く出発しなければ。

6時過ぎ、昨日と同じ道を走る。

約1時間後渓に到着、今日は昨日よりかなり上流に入りゴギを見たいと思っている。

林道の水溜まりは澄んでおり新しい轍も無し。

先行者無しで一番乗り確定。

まずは林道脇に車を駐車、朝食タイム。

P5040560

ホットサンドと野菜ジュ-スで腹を満たし、さあ出発。

P5040561 

渓は上流だけあって昨日より狭いが魅力的。

入渓早々魚がヒット。

おや、まだヤマメさんの領域ですか?

P5040566

遡行するたびに出くわすプール。

P5040569

ルア-をキャストする度に大挙してユラユラとチェイスする魚影。

模様から明らかにヤマメ。

そしてたまにヒットするのは、やはりヤマメ。

ゴギは何処へ。

P5040572

P5040574

入渓から5時間位経過していると思われるが(携帯が死んでおり時刻不明)状況変わらず。

更に遡行を続ける。

P5040576

P5040579

渓は更に高度を増しても、ヤマメの魚影。

型は小さくなったように感じるが、一体ゴギは生息しているのか?

太陽がかなり西になって来た。

標高は既に800mを軽くオ-バ-しているが。

今だにゴギの魚影は確認できない。

やがて大きな落ち込みに到着。

P5040583

ここにはゴギが居るか?

しかしヒットするのはやはり。

P5040582

P5040584

何故こんな上流にまで居るのでしょう。

そろそろ帰る準備をしなければ。

とりあえず荒れた林道に這い上がって状況を確認してみた。

まだ美味しそうな渓が上に上に伸びている。

林道を歩いて上流を偵察、しばらく進んだ所で大きな滝が見えてきた。

滝近くまで進むと滝壺まで降りれそう。

慎重に降りて素晴らしい風景を眺めた。

P5040587

滝壺はかなり深そう。

シンキングミノ-を目一杯キャストして白泡付近に投入。

大きくトゥイッチしてみたが反応なし。

小さい滝の左側に投入して再びトゥイッチ、数回トゥイッチしたところでドン。

重く暴れる魚影。

慎重に寄せると今日一サイズのヤマメさん。

またか。(何故かピンボケ)

P5040588

その後もキャストを続け似たサイズのヤマメがヒットしたが。

やはりゴギは出ません。

これで納竿して脱渓しようと思ったが、ふとスプ-ンで底を攻めてみてはと思ってしまった。

早速7gスプ-ンを付けてキャストしばらく沈めてリトリ-ブ、ゴツンとした当たり。

ゆっくり寄せるとこれも似たサイズのヤマメ。

これで最後と決めて再びキャスト、ゆっくりリトリ-ブしていると再びゴン。

重い当たりがあり底に底にと引っ張る。

今までのヤマメとは動きが異なる、もしや?

慎重に寄せるとヤマメ特融のパーマ-クが付いていない。

ゴキです。

嬉しくて嬉しくて画像を何枚も撮ったが全てピンボケ。

P5040594

やっとゴギの顔が見れました。

これで心置きなく納竿できます。

それにしても奥深い渓です。

7時間位遡行したがまだ滝の上が続いているようです。

後から地図で確認するともう少し上まで渓は続いているようです。

一日では遡行しきれません。

次回はこの滝の上を攻めてみよう。

下山すると時刻は17時過ぎ、昨日の店で固定電話を借りて家族に無事の報告。

ほぼノンストップで帰路に着き、23時無事帰還。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2024年5月19日 (日)

西の秘境に遠征(1日目)

GW後半のお話。

GWの中間に遠征しようと思っていたが、天気が悪く結局後半の頭からになってしまった。

2日の13時、一路西の秘境に向けて出発した。

高速が苦手な我が愛車は下道をひたすら走り、休憩と食料調達を含めて6時間半、無事に車中泊予定地に到着。

社内で一人宴会を行い就寝。

翌朝5時起床、天気は問題なさそう。

目的の渓に向けて林道に突入した。

P5030536

ここから目的の渓まで1時間弱、直ぐに携帯の電波の圏外に入る。

慎重に。

7時入渓予定地点に無事到着。

誰も居ません、直ぐに準備して入渓。

本日はヤマメ領域を釣り上がる予定。

入渓後直ぐに魚影は確認出来たが、なかなかヒットに持ち込めない。

焦るキャストに本日の初ヒット。

P5030541

その後は落ち着きを取り戻しヒットが続く。

Kimg1559

Kimg1565

P5030545

渓相は最高、

P5030550

P5030542

魚影は多く確認できるが、ユラユラとやる気無くルア-を追う魚体続出。

大変イライラが溜まる状況が続く。

やる気のある魚体のみを追ってポツポツヒット。

P5030555 

Kimg1566

そして脱渓近くの深いプ-ルをへつり中、滑た岩で足を滑らせ沈。

首まで浸かって春の大水泳大会。

『冷てぇ~!!!』

ウェ-ダ-の中まで大浸水してビショビショ。

急ぎ藪漕ぎして脱渓、何とか車まで帰って着替えと天日干し。

大変遅い昼食中に重大事案が発覚。

携帯の電源が落ちており、スタ-トボタンで再起動するも反応なし。

どうやら先の沈で携帯が死んだ模様。

充電用ポ-ト周りの防水に問題があったか?

速攻山を下りてお店で固定電話を借り家族に安否連絡。

『生きてます』

再び林道を登って今夜のキャンプ地を決定。

焚き火を眺めながらビールに焼酎で疲れを癒す。

P5030556

今日も楽しかった。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

2024年5月14日 (火)

何時もの場所で vol.3

良い思いをした後、雨後の満潮前後を狙って出撃してみたものの、

Kimg1542_20240514222401

Kimg1550

Kimg1551

Kimg1554

Kimg1557

Kimg1555

厳しい結果に参ってしまいました。

次なるチャンスを狙いましょう。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 2024年4月 | トップページ